陶芸

[陶芸技法]クッキーの抜き型で作る、陶器の猫(ニャンコ)ブローチがいっぱい!

クッキー作りの手順でブローチ作り

こんにちは😃てげ子です。

クッキーの抜き型を使って、猫ブローチをたくさん作りました。

まず、タタラづくりで粘土を5ミリ厚さに伸ばします。
5ミリのタタラ板を粘土の両脇において、綿棒で伸ばすと、5ミリの粘土板ができるわけですね。

そこをクッキー型で抜いていきます。
まさに、抜き型クッキーを作るのとほぼ同じで手順です。

陶芸って、器とか、キッチンで使うものを作ることが多いですが、逆にキッチンで使うものが、陶芸でも使えるってことも多いです。

ザルとかボウルとか、スパチュラとかお玉とか、陶芸で日常的に使っていますものね。

今回は、無印良品の抜き型を使いました。

無印の型。今は販売されていません。

残念ながら、現在はもう取り扱いがないようです。
ただ、クッキーの抜き型は何んでも使えるので、Amazonや雑貨屋さんで探してみても良いですね。

抜き型でいろんな種類のニャンコを制作

素焼きが上がったら、ヒューステンのベルベットした絵の具で絵を書いています。
いろんな模様の猫ちゃんを描くのが楽しいです。

絵を描き終わったら、透明釉を吹きかけて本焼きしました。

あとは、後ろにブローチピンを接着剤でつけるだけ。

今の季節だと、ニットに2個くらいつけても可愛いと思います。

後ろに小さな磁石をつけて、冷蔵庫などにつけても良いかもしれません。
飾りにしても良いし、メモを止めたりしても良さそう。

クッキーの抜き型で、色々応用が効きそうです。