Amazon

Amazonプライム日本上陸後初の値上げ! 年会費1,000円アップ!の理由

年に1000円の値上げ

会員制プログラム「Amazon プライム」の年会費が初めて値上げされる。値上げ率はなんと25%。※既存会員の会費は5月17日以降の更新時に適用。

年会費

3900円→4900円(1000円増)

月会費

400円→500円(100円増)

これは痛い!

でもな、米国のAmazon プライムの価格は現在119ドル(約1万3000円)で、日本は値上げ後も米国の半額以下にとどまるっていうことだから、仕方ないかと自分を納得させるしかないか。

2007年にサービスを開始した「Amazon プライム」は、当初「お急ぎ便」などの配送特典のみを提供していたが、その後、下記のような追加料金なしでさまざまな特典を追加して来た。

こんなのが追加されてたなんて、迂闊にも全然知らず、使っていなかったので損した気分。

値上げを機にフル活用しようかな。

低価格でシェアを奪ってから値上げするAmazonの手法

Amazon利用者は日本国内では約4000万人と言われる。

プライム加入者は300-400万人。

今回の値上げで約30-40億円の利益がAmazonに転がり込む計算だ。

しかし、なぜアメリカでは119ドルなのに、日本では3,900円だったのか。

それは日本には強敵「楽天」が存在していて、楽天との競争に打ち勝つためだったという。

シェアを奪うために安くサービスを提供し、顧客を抱え込んだ上で今度は値上げするのだ。

事実現在、Amazonにの売上は1兆5,300億円。

一方の楽天は、約8,000億円。

このタイミングでの値上げなのだ。

だからやがて日本でもアメリカ並みの価格になるのではないかとも言われている。

 

スポンサーリンク

amazonプライムの進化

2015年

動画見放題の「Prime Video」

音楽聴き放題の「Prime Music」

2016年

ストレージ「Amazon Photo」

2017年

食品配達の「Amazon フレッシュ」

電子書籍読み放題の「Prime Reading」

2018年

ペット向けの「PrimePets」

洋服を試着してから買える「プライム・ワードローブ」

日本上陸後初となる今回の値上げについて、アマゾンの担当者はその理由を、

「これまで11年間さまざまな努力を重ね、会費は一度も改訂してこなかったが、(2007年の)開始時と比べて商品数や特典は大幅に増え、外部環境も大きく変わっている。今後も新たなイノベーションを起こし続け、お客様に引き続き便利にご利用いただくために、このような決断をすることにした」

と説明している。

学生向け、法人向けは以下のとおり。

「Prime Student」の年会費:1900円→2450円(月会費:200円→250円)

「Business プライム」Essentialsプラン(最大3ユーザーまで利用可能)年会費:4900円