アメドラ

[海外ドラマ]アメドラベスト10はこれだ! てげ子・てげ夫セレクト

私達”てげ子”と”てげ夫”夫婦は、アメリカのドラマ(以下アメドラ)が大好きで、よく見ます。

そこで、Best10(ベスト10)を選んでみようということになりました。

”てげ子”の選んだベスト10

10位 ホワイトカラー 原題:WHITE COLLAR

2009年から2014年にかけて放送されたアメリカ(USAネットワーク)のテレビドラマ。収監中の天才詐欺師ニール・キャフリーは恋人のため脱獄を果たすが、間もなく知能犯専門チームのFBI捜査官ピーター・バークに捕まる。4年の刑期延長に対し、ニールはピーターに捜査に協力する代わりに自由にして欲しいと取引を持ちかける。ピーターは取引を承諾し、ニールは知的犯罪捜査のコンサルタントになる代わり制限付きの自由を与えられる。ニールはピーターと協力し、自身の経歴を生かした助言や、時に培ったテクニックを駆使してニューヨークに蔓延する知的犯罪を解決していく一方で、彼自身の問題を解決していく。(ほとんどWikipediaより。以下同様)

9位 アグリベティ 原題:Ugly Betty

ABCで2006年9月から2010年4月まで放送されたテレビシリーズ。コロンビアのRCN局で放送され、最高視聴率80%という驚異的大ヒットをしたテレノベラ『ベティ~愛と裏切りの秘書室』のリメイク作品のうちの一つである。『ベティ~愛と裏切りの秘書室』は世界19カ国でリメイクされ、「アグリーベティ」はそのうちの一本。舞台はニューヨークのファッション誌の編集部に置き換えられた。タイトルの直訳は「醜いベティ」。この「醜いベティ」が主人公であり、ファッション業界という見た目を重要視する世界に飛び込んだ彼女が、様々な偏見に立ち向かいながら持ち前の性格で乗り越えていくサクセス・ストーリーである。第64回ゴールデングローブ賞テレビドラマ部門では作品賞を含む2部門で受賞。第59回プライムタイム・エミー賞では、作品賞を含む11候補となり3部門で受賞した。

8位 プリズン・ブレイク 原題:Prison Break

アメリカのFOX製作で、世界各国で放映されているサスペンスドラマ。アメリカでの本放送は2005年8月29日に開始し以降シーズン4まで放送、2009年5月24日放送のファイナル・ブレイクで完結したが、2017年に9話構成の新シリーズを放送。あらすじ:副大統領の弟を射殺した容疑で逮捕され、死刑判決を受けたリンカーン・バローズ。主人公マイケル・スコフィールドは兄リンカーンの無実を信じ、刑執行から救い出すために綿密な計画を備え、自身の体に刑務所の設計図を模したタトゥーをいれる。銀行強盗を犯し、目論見通り実刑が確定したマイケルは、リンカーンが収容され、また自身が改修工事の際に携わった重警備のフォックスリバー刑務所への収監を希望。兄弟での脱獄を企てる。

7位 デスパレートな妻たち 原題:Desperate Housewives

2004年から2012年にかけてアメリカ合衆国のABCで放送されていた。全8シーズン、180話。日本での通称は『デス妻』。郊外のウィステリア通りに住む“お盛んな”女性たちが巻き起こす波瀾万丈なエピソードの数々を、サスペンス、ミステリー、コメディ、お色気の要素を交えて強烈に描くコメディ・タッチのドラマ。原題の「desperate」には「自暴自棄の」「死に物狂いの」「絶望的な」などの意味があり、「housewives」は「housewife(主婦)」の複数形である。本国アメリカでは視聴者数ランキングの上位に位置していた人気ドラマであり、アルゼンチン、コロンビア、エクアドルではそれぞれリメイクされた。主婦向けのドラマではあるが、男性にも人気が高い。

6位 24 -TWENTY FOUR-(トゥエンティフォー)

アメリカのイマジン・エンターテインメントが制作し、2001年から2004年にかけFOXで放送された。アメリカの架空の連邦機関CTU(テロ対策ユニット)ロサンゼルス支局(シーズン1~6)の捜査官ジャック・バウアーのテロとの戦いを描く。あらすじ:全ての出来事がリアルタイムで進行し、1話で1時間、1シーズン24話で1日の出来事を描く[5]。全世界で最も有名なリアルタイムサスペンスと言える。予測不能な事態に捜査官たちは基本的に不眠不休で対処する。緻密に練り上げられたシナリオは、どこかつっこみたくなるB級臭さも併せ持つ。リアルタイムという特性を活かした手に汗握る展開や、テロリズムという脅威をテーマにした容赦ない展開が特徴である。

5位 SUITS/スーツ 原題:Suitsは

アメリカ・USAネットワークで2011年から放送されているテレビドラマ。あらすじ:ハーヴィー・スペクターは、マンハッタンの大手法律事務所ピアソン・ハードマンで働く敏腕弁護士。難しい訴訟を解決に導くクローザーとして一目置かれる存在だが、部下を持ちたがらず、面倒も一切見ない一匹狼だった。 そんな彼を見るに見かねた所長のジェシカは、シニア・パートナーへの昇進と引き換えに部下のアソシエイトを雇うことを命じ、仕方なくハーヴィーはアソシエイトの面接を始める。マイク・ロスはたったひとりの肉親である祖母の入院費を稼ぐため、友人の勧めでマリファナの運び屋まがいの仕事を引き受けていたが、それが警察の罠であることを見抜き、偶然ハーヴィーの面接会場へと逃げこむ。そこでハーヴィーは、マイクが天才的な頭脳を持っていることをすぐに見抜き、アソシエイトへの採用を決める。しかし、「ピアソン・ハードマン」は、ハーバード大学のロースクール出身者しか採用しないという伝統を持っていた。ハーヴィーはマイクの経歴を詐称することを提案し、2人は秘密を共有する運命共同体となり、数々の訴訟に挑んでいく。現在(2018年11月)織田裕二主演のリメイク版が日本でも放送されている。

※追記:2018年10月から織田裕二主演で日本のフジテレビ・リメイク版が放送されましたが、ひどいデキでした。

4位 グレイズ・アナトミー 恋の解剖学 原題:Grey’s Anatomy

アメリカ合衆国のABC系列で放送されているテレビドラマ。2005年3月27日から『デスパレートな妻たち』の後となる日曜22:00枠で放送開始。2006年初頭、『第40回スーパーボウル』の後枠で一挙に視聴者数を増やし、週間ランキングのトップを争うようになった。第3シーズン以降は、最激戦区である木曜21:00枠で放送されている。アメリカでは、2017年に第14シーズンを放送している。タイトルは、医学書『グレイの解剖学』(Gray’s Anatomy) をもじったものである。シアトルの大病院で働く若い外科医たちの仕事と恋愛、そして苦悩と成長を、インターンとしてスタートする時点から描く。

3位 PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット 原題: Person of Interest

米国CBSで放送されているテレビドラマ。製作総指揮はJ・J・エイブラムス、ジョナサン・ノーランほか。 ニューヨーク市の凶悪犯罪を防止するために奔走する謎の億万長者(マイケル・エマーソン)と、彼によって雇われた元CIAエージェント(ジム・カヴィーゼル)の活躍を描くクライム・サスペンス。

2位 BONES  原題:Bones

アメリカ合衆国の1話完結型の犯罪捜査ドラマ。「ボーンズ」と呼ばれる女性法人類学者テンペランス・ブレナンを主人公に、現場に残された被害者の“骨”から証拠を見つけ、事件を解決に導いていく姿を描く。原案は法人類学者で作家のキャシー・ライクス(英語版)で、主人公のモデルでもある。2005年9月13日、FOX系列で放送開始。長期に渡って放送されてきたが、全12話構成のシーズン12(2017年放送)を持って放送終了することが決定し、2017年3月28日に最終話となる246話が放送され完結した。

1位 メンタリスト 原題:The Mentalist

アメリカのCBSで2008年から2015年まで放送されていた刑事ドラマ。初回は1560万人が視聴し、その後もシーズンを通じて高視聴者数を維持。最大で1970万人を記録している。2008年の新番組トップであり、『24 -TWENTY FOUR-』『LOST』といった強豪作品を抜き、新作としては唯一視聴者数ランキングTOP10に入っている。2014年11月から放送されたシーズン7がファイナルシーズンとなった。あらすじ:カリフォルニア州捜査局(通称・CBI)の犯罪コンサルタント、パトリック・ジェーン。青い瞳と爽やかな笑顔が似合うイケメンだが、元詐欺師で以前は自身を霊能者(サイキック)と偽り活躍していた。妻と娘を殺した宿敵レッド・ジョンを追うため、CBIのコンサルタントとなり、人間心理を巧みに操る観察眼と推理力を持つ「メンタリスト」として型破りな捜査で犯人を追う。 レッド・ジョン事件の終了後、CBIコンサルタント時代に捜査の過程で犯した大小さまざまな犯罪を帳消しにする条件として、FBIのコンサルタントとして捜査に参加する。

てげ子
てげ子
The Mentalistのサイモン・ベイカー演じるパトリック・ジェーンのキャラが好き

“てげ夫”の選んだベスト10

10位 グレイズ・アナトミー 恋の解剖学 原題:Grey’s Anatomy/BONES  原題:Bones

9位 アグリベティ 原題:Ugly Betty

8位 プリズン・ブレイク 原題:Prison Break

7位 24 -TWENTY FOUR-(トゥエンティフォー)

6位 デスパレートな妻たち

5位 SUITS/スーツ 原題:Suitsは

4位 グッド・ワイフ 原題:The Good Wife

アメリカ合衆国の放送局CBSで2009年9月22日から2016年5月8日まで放送された法律ドラマ・政治ドラマシリーズ。スピンオフ・シリーズが2017年春から放映されることが発表されている。主演女優のジュリアナ・マルグリーズは、2009年・2010年度のゴールデングローブ賞でテレビドラマ部門主演女優賞を受賞。また、2010年度のプライムタイム・エミー賞ドラマシリーズ部門作品賞および主演女優賞にノミネートされた。あらすじ:シカゴを舞台に描かれる政治と法廷のドラマ。地方検事の夫をもち、一男一女と郊外の大邸宅に暮らす専業主婦が、夫のスキャンダルをきっかけに弁護士の仕事に復帰。夫は無罪を勝ち取るために動き、妻は家庭と仕事、そして夫との関係修復という難題を抱えながら、妻として、女性として、母として、力強く成長していく姿を描く。

※追記:2019年1月から常盤貴子主演で日本のTBSリメイク版が放送されています。

3位 PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット 原題: Person of Interest

2位 ゲーム・オブ・スローンズ 原題:Game of Thrones

ジョージ・R・R・マーティン著のファンタジー小説シリーズ『氷と炎の歌』を原作としたHBOのテレビドラマシリーズ。脚本には彼も加わっており、小説のあらすじに沿って製作されている。シーズンが進むにつれて、小説との差異はしだいに大きくなる。中世ヨーロッパに類似するがドラゴンや魔法が存在する架空の世界において、多くの登場人物が入り乱れる群像劇である。北アイルランド、マルタ、クロアチア、アイスランド、モロッコ、スコットランド、アメリカ合衆国、スペインで撮影されている。2011年春から放送が始まり、最新の第7シーズンは、7エピソードで2017年7月16日から放送された。HBOは2019年4月に放送される、6エピソードのシーズン8でシリーズを完結させると公式に発表した。

1位 メンタリスト  原題:The Mentalist

日本の地上波や衛生の放送局が放送する吹き替え版は、別物といった趣になるので嫌いで、そこで数年前、Huluに入会しました。

最初に見たのが当時評判だった『アグリベティ』でした。

その後、『24』『プリズン・ブレイク』『デスパレ』に夢中になりました。

そのうちAmazon Prime Videoが始まり、もともとAmazonプライム会員だったので、そちらを通じても見るようになりました。

Amazonとhuluでは無料(見放題)の対象が微妙に異なっていたり、入ってくる時期に差があったりで、両方加入していると便利です。

でも節約を考えて、HuLuは面白いアメドラを見終わると解約したりしましたが、結局今はまた加入中です。

ちなみに『LOST』『Walking Dead』『Fringe』『Gossip Girl』『glee/グリー』『Brothers & Sisters』『私はラブリーガール』『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』『Dr.HOUSE』『リベンジ』『オーファン・ブラック』『グッド・ファイト』『クローザー(原題:The Closer)』など、ここに書ききれない数のアメドラを見ています。タイトルを忘れてしまったり、あらすじを思い出せないドラマもあります。シリーズの途中から観なくなってしまったものもあります。数年前に観たドラマは、最近のものよりやや色あせ、評価が低めになっているかもしれません。

『NCIS』は、すごく面白いとかハラハラドキドキいうわけではありませんが、淡々と安定的に面白いですね。おススメです。

それらの中から選んだベスト10でした。

私達夫婦は字幕版が好きですが、huluもamazonも、吹き替え版が選べます、念のため。

どの動画配信サービスにしようか悩んでいる方はこちら

↓動画配信サービス

hulu

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

 

初回31日間無料!dTVチャンネル