俳優

[東京]南海キャンディーズ・山ちゃん(山里亮太)と蒼井優さん結婚発表会見 どちらが玉の輿?

山ちゃん何回キャンディーズの山ちゃん。玉の輿に載ったのは、蒼井さん?
蒼井優蒼井優さん Instagramより

 

名前:蒼井 優(あおい ゆう)
本名:夏井優→山里優
生年月日:1985年8月17日
血液型:A型
出身:福岡県春日市
出身校:堀越学園高校、日本大学芸術学部中退
職業:女優、モデル
事務所:イトーカンパニー所属

出演映画

『花とアリス』
『ニライカナイからの手紙』
『ハチミツとクローバー』
『フラガール』/『蟲師』
『百万円と苦虫女』/『おとうと』
『洋菓子店コアンドル』
『東京家族』/『るろうに剣心』
『オーバー・フェンス』
『彼女がその名を知らない鳥たち』

名前:山里 亮太(やまさと りょうた)
生年月日:1977年4月14日
職業:お笑いタレント、声優、ナレーター、ラジオパーソナリティ
愛称および別名義:「山ちゃん(やまちゃん)」
出身:千葉県千葉市花見川区出身
出身校:関西大学文学部教育学科心理学専攻
身長:178cm
体重80kg
血液型:AB型
事務所:吉本興業

現在の代表出演番組

スッキリ!!
アウト×デラックス
ナカイの窓
山里亮太の不毛な議論
たまむすびなど

交際2ヶ月のスピード婚

俳優の蒼井優さん(33)と、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山ちゃんこと山里亮太さん(42)が3日、婚姻届を提出し、結婚した。

映画「フラガール」で蒼井さんと共演した同コンビのしずちゃんこと山崎静代さん(40)を通じて知り合い、2カ月前から交際。

スピード婚である。

蒼井さんは2001年に「リリイ・シュシュのすべて」で映画に初出演。

映画「花とアリス」「百万円と苦虫女」「フラガール」のほか、ドラマや舞台にも多数出演。

「フラガール」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞などを受賞した。

山里さんは2003年に山崎さんと「南海キャンディーズ」を結成。

ナレーターやラジオパーソナリティーとしても活躍している。

スポンサーリンク

会見内容

会見で蒼井優さんは、

「おつきあいさせていただく時から結婚を前提にというお話でした」

「感動、許せないこと、金銭感覚が似ている」

確か蒼井優さんの愛車はポルシェカレラ911。

その金銭感覚って、似た金銭感覚って、どんなんだろう、と思ってしまったが…。

車には金をかけるが収入の割には質素ということかもしれない。

山ちゃんも億を稼ぐ高収入だから、高収入同士の金銭感覚だろうか。

「一緒にいると、しんどいくらい面白い」

「冷蔵庫をちゃんとしめる」

「やさしい」

「僕とつきあってみます?」と山ちゃんが聞くと、

「はい」

との返事が返って来たという。

しずちゃんに報告したのは1週間ほど前だったという。

肉親にも言ってなかったそうだ。

蒼井優さんの父との微笑ましい逸話

蒼井優さんの両親に会った時、

「一生をかけて優さんを幸せにしますので、結婚を許して下さい」

と言ったそうだ。

お父さんは、「こちらこそ、ありがとう」

と肩を抱いてくれた。

でも蒼井優さんのお父さんは、

3パターンのやりとりを準備していたそうで、

シナリオ、演出もして笑えた。

「どこの馬の骨かわからんやつに娘はやれん」バージョンと、

1回は断るというものと、

「お前にお父さんと呼ばれる筋合いはない。天塩にかけて育てた娘をお前なんかにやれるか」

と激怒し殴りかかり、

それを蒼井優さんが止めるバージョンとか…。

おもしろいお父上だ。

1人娘なので、いろいろやりたかったのだそうだ。

2人がお互いをどう呼んでいるかの質問に、

「僕は、ゆうと呼んでます」

蒼井優さんは、

「りょうたって呼んでます」

最後に蒼井優さんは、山里さんのどこが好きかとの会見最初の頃の問いにあらためて答えた。

「山里さんの仕事に対する姿勢を尊敬しています」

蒼井優さんは、役へのこだわり、探究心が人一倍強く、ストイックなことで知られる。

17年公開の主演映画「彼女がその名を知らない鳥たち」は、激しいラブシーンがあることから事務所でも出演に反対する声があったが、意志を通し、報知映画賞など主演女優賞を総なめにした。

SNS全盛、タレント自ら発信する時代にブログもツイッターもインスタグラムも一切行わない。

「役者としての自分を守るため」プライベートのイメージが役柄に反映されることを嫌った。

そうして「女優・蒼井優」の商品価値を守ってきた。

そういう仕事に対して自分自身に厳しいストイックさが、

山ちゃんにはより強くあり、

惹かれたようだ。

幸せそうで、楽しい会見が続いた。

スポンサーリンク

「皆さんの前にいる蒼井さんと違う蒼井さんを僕は知っている」

終始笑顔をふりまいていた蒼井優さんが唯一顔を曇らせたのは、

ある記者が放った「魔性の女」という言葉だ。

しかし山ちゃんは、

「僕はそんな人間じゃないっていうのを一緒にいてずっと見てたんで、皆さんが思う“魔性”から派生する心配ってのは一切ございません」

と断言。

「皆さんの前にいる蒼井さんと違う蒼井さんを僕は知っている。本当に純粋で、楽しいときには笑って、泣きたいときはすごく泣く」

と庇い、蒼井優さんが涙ぐむ一幕もあった。

いい男だね、山ちゃんは。

山ちゃんは実は「3高」なのだ

「美女と野獣」とか「格差婚」とか言う人もいて、

一見、蒼井優という高値の花を山ちゃんが手に入れたように見えるが、

実際はそうではなく逆だという見方もある。

山ちゃんは、

いわゆる「3高」なのだ。

つまり、高学歴、高身長、高収入なのだ。

関西の名門私大「関西大学」卒で、身長は178センチ。

テレビとラジオで16本のレギュラーを抱え、収入は推定約1億円。

貯金はナント推定4億円との説も。

完全なる「3高」なのだ。

蒼井優さんこそ玉の輿に乗ったとも言えなくもないのだ。