日本のドラマ

[ドラマ]『まだ結婚できない男』キャストは? 夏川結衣は? 脚本の尾崎将也、妻の佐伯紅緒とは?

まだ結婚できない男「まだ結婚できない男」左から阿部寛、稲森いづみ、吉田羊 (出典:カンテレ)

ドラマ『まだ結婚できない男』が、2019年10月シリーズに放送を開始されます。

そのためのTver(ティーバー)で、『結婚できない男』が配信スタートし、13年ぶりに第1話を観ました。

当時、毎週放送されるのを楽しみにしていたことが思い出されます。

記憶に残る良いドラマでした。

懐かしくもありましたが、13年も経った古さを感じさせないドラマだと思いました。

桑野は13年経っても独身だった!

結婚できない男13年前、病院で出会った女医(夏川結衣)と結ばれそうだったが…。 出典:カンテレ

13年前、本当はいい人なのに、ちょっと偏屈でプライドが高く、つい余計な一言を言ってしまうため、結婚できない男を演じたのは阿部寛さんでした。

前作では、痔でお世話になった病院の、夏川結衣演じる女医と結ばれるかと思いきや、
ゴールインせず、あれから13年、

結局まだ独身だったという設定ですね。

当時40歳という設定でしたから、13年後の今、主人公の建築士・桑野信介はもはや53歳。

前作で桑野信介は、

「オレは結婚できないんじゃないんだ。しないんだ」

と嘯いていましたが、まだ同じセリフを吐くのでしょうか。

スポンサーリンク

吉田羊など豪華新キャストと前作と同じキャスト

まだ結婚できない男「まだ結婚できない男」 出典:カンテレ

今作では、別れをきっかけに恋愛から縁遠くなっていた男が、女性弁護士や隣人等と出会うことで、心が変化していく様子を、コミカルに、かつ繊細に描いていくようです。

桑野信介は、前作に引き続き阿部寛さんが演じ、今や共同経営者に成長した以前の助手・村上英治を、塚本高史さんが演じます。

信介に振りまわされる弁護士・吉山まどかを演じるのは吉田羊

謎の女性・戸波早紀役には元・乃木坂46の深川麻衣

カフェの店長・岡野有希江役に稲森いずみ

桑野の姪・中川ゆみ役には、平祐奈

と、豪華女性キャストが新たに加わります。

阿部とは初共演となる吉田羊は、

「13年前、視聴者としてこのドラマを見ていたので、オファーをいただいた最初の感想は、『まだ結婚していなかったのか!』でした。私に務まるだろうかという不安もありましたが、何より阿部寛さんとぜひお芝居したいという気持ちが勝ちました」

とコメントしています。

前作と変わらないキャストは、

草笛光子(役:桑野育代):桑野(阿部寛)の母
尾美としのり(役:中川良雄):桑野(阿部寛)の親友かつ義弟。圭子(三浦理恵子)の夫
三浦理恵子(役:中川圭子):桑野(阿部寛)の妹。

果たして今度こそ結婚となるのか否か。

放送は10月8日スタート(毎週火曜・夜9時枠/フィテレビ系・全国ネット)

▽見逃した方は、1週間以内であれば、
TVer

▽1週間以上が経ってしまったら、
FOD 1ヶ月は無料お試し

脚本を手掛ける尾崎将也の経歴とは?

尾崎将也尾崎将也さん 出典:日本脚本家連盟

当時「結婚できない男」の脚本を書いたのは、尾崎将也さんです。

10月から始まる『まだ結婚できない男』を担当するのも尾崎将也さんです。

1960年、兵庫県西宮市生まれ。

神戸市の名門六甲高等学校を卒業し、関西学院大学の文学部に進学。

大学を卒業後、一度は広告制作会社に勤めますが、脚本家になる夢を諦めきれず、1992年に『屋根の上の花火』で第5回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞します。

その後、人気漫画が原作のドラマ「夏子の酒」の脚本を担当しました。

尾崎将也さんは、その後も活躍を続け、売れっ子脚本家になっていきます。

尾崎さんの脚本の書き方は独特だと週刊ポスト2014年1月24日号の記事が伝えています。

書き方も独特だ。まずB4の方眼紙に、縦軸が朝ドラなら15分、1時間ものなら正味45分見当で1話分の大まかな流れを箇条書きで書き、原稿の執筆と並行して、その設計図を何度も書き直す。あとは1話に何日かけられるか、日割り計算したスケジュールに従って、最終稿までを淡々と進む。
「ただし1話に5日かけられるとすると、最初の3日は気分で過ごし、最後の1、2日でどっと駆け込みで仕上げるんですけどね。そのほうが結果的に効率がいい」

執筆場所は、自宅や近所のカフェ、六本木ヒルズにある有料図書室などだそうです。
また、年間100本以上は映画を観るそうです。

下記のように多くの作品を手がけています。

テレビ

  • 夏子の酒  1994年、フジテレビ
  • Age,35 恋しくて  1996年、フジテレビ
  • ミセスシンデレラ 1997年、フジテレビ
  • ストーカー 逃げきれぬ愛 1997年、読売テレビ
  • ラブジェネレーション 1997年、フジテレビ
  • 冷たい月 1998年、読売テレビ
  • WITH LOVE 1998年、フジテレビ
  • 湾岸署婦警物語 初夏の交通安全スペシャル 1998年、フジテレビ
  • 奇跡の人 1998年、読売テレビ
  • ママチャリ刑事 1999年、TBS
  • 独身生活 1999年、TBS
  • 京都始末屋事件ファイル 1999年、テレビ朝日)※2、5、9話担当
  • 二千年の恋 2000年、フジテレビ
  • 月下の棋士 2000年、テレビ朝日
  • 花村大介 2000年、関西テレビ
  • ルーキー! 2001年、関西テレビ
  • 傷だらけのラブソング 2001年、関西テレビ
  • サトラレ 2002年、テレビ朝日
  • 恋は戦い! 2003年、テレビ朝日
  • 特命係長 只野仁 2003年・2005年・2007年、テレビ朝日
  • アットホーム・ダッド 2004年、関西テレビ
  • 鬼嫁日記 2005年、関西テレビ
  • ウルトラマンマックス 2005年-2006年、中部日本放送
  • 大奥〜華の乱〜 2005年、フジテレビ
  • 7人の女弁護士 2006年・2008年、テレビ朝日
  • 結婚できない男 2006年、関西テレビ
  • まだ結婚できない男 2019年、関西テレビ
  • 大奥スペシャル〜もうひとつの物語〜 2006年、フジテレビ
  • 鬼嫁日記 いい湯だな 2007年、関西テレビ
  • オトコの子育て 2007年、朝日放送・テレビ朝日
  • ロト6で3億2千万円当てた男 2008年、朝日放送・テレビ朝日
  • 白い春 2009年、関西テレビ
  • おひとりさま 2009年、TBS
  • まっすぐな男 2010年、関西テレビ
  • 幸福の黄色いハンカチ 2011年、日本テレビ
  • 梅ちゃん先生 2012年、NHK
  • ダブルス〜二人の刑事 2013年、テレビ朝日
  • 下町ボブスレー 2014年、NHK BSプレミアム
  • ブラック・プレジデント 2014年、関西テレビ
  • 吉原裏同心 2014年、NHK
  • 匿名探偵 2014年、テレビ朝日
  • ママが生きた証 2014年、テレビ朝日
  • ラスト・ドクター〜監察医アキタの検死報告〜 2014年、テレビ東京
  • 紅白が生まれた日 2015年3月21日、NHK
  • ちゃんぽん食べたか 2015年、NHK
  • オトナ女子 2015年、フジテレビ
  • お迎えデス。 2016年、日本テレビ
  • 沈黙法廷 2017年、WOWOW
  • 赤ひげ 2017年、NHK BSプレミアム
  • シグナル 長期未解決事件捜査班  2018年、フジテレビ
  • 僕の初恋をキミに捧ぐ 2019年、テレビ朝日
  • 僕が笑うと 2019年、カンテレ

映画

  • g@me. 2003年
  • 特命係長 只野仁 最後の劇場版 2008年
  • ランデブー! 2010年 – 監督・脚本
  • 天国からのエール 2011年
  • 結婚 2017年

世界は今日から君のもの (2017年) – 監督・脚本中でも『ラブジェネレーション』は、全11話平均の視聴率が30%を超える記録を打ち出しました。

2012年上半期にNHKの総合テレビジョンとBSプレミアムで放送された堀北真希主演の連続テレビ小説『梅ちゃん先生』(うめちゃんせんせい)も、20%以上の高視聴率を堅持しました。

スポンサーリンク

尾崎将也さんの妻も有名人?

佐伯紅緒本人Twitterより

尾崎さんの妻も有名です。

しかも、女優でありながら小説家でもあり、脚本も手がけます。

名前は、佐伯紅緒さん。

1967年8月12日 葛飾区生まれです。

2006年、世界文化社より描き下ろし長編小説『エンドレス・ワールド』でデビューしました。

女優として映画、ドラマ、舞台等にも出演しています。

以下が作品です。

小説

  • 『エンドレス・ワールド』2006年 世界文化社
  • 『わたしをさがして』 2007年 世界文化社
  • 『アイランド―A bizarre and spiritual journe(Edge)』 2007年 徳間書店
    『かれ、ときどき、テロリスト』2009年
    『黒い報告書』(週刊新潮 8月15日・22日合併号にて掲載)2013年 新潮社

エッセイ

  • 『恋するファム・ファタール』2007年 角川SSコミュニケーションズ
  • 『女子の兵法』2016年セブン&アイ出版

映画(脚本)

  • 『RE:BORN』2017年 下村勇二監督

映画(出演)

  • 『BATON』2009年
  • 『ランデブー!』2010年
  • 『世界は今日からきみのもの』2016年
  • 『レッド・ブレイド』2018年

ドラマ(脚本)

  • 『シグナル〜長期未解決事件捜査班〜』2018年
  • 『僕の初恋をキミに捧ぐ』2019年

ドラマ(出演)

  • TBSスペシャルドラマ「恋愛小説」『月のしずく』2006年

舞台(出演)

  • 月蝕歌劇団 「新撰組in 1944」2001年 
  • 山田ジャパン「いいえ、ヴィンテージです」2011年
  • ボクらの罪団『ディスプレイ』2015年

声の出演

  • 寺山修司CD「赤糸で縫いとじられた物語」2001年

夫妻に子どもはいないようですが、猫を飼っているようです。

尾崎将也さん脚本のドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」のスピンオフドラマとしてネット配信された番外編では、佐伯紅緒さんが脚本を務めたのでした。

尾崎将也さんは2010年『ランデブー!』、2016年『世界は今日からきみのもの』の監督も務めていますが、この2作品には、妻の佐伯紅緒さんが出演しています。

元々は映画監督を志望していたそうで、脚本家として成功した結果、その夢も叶ったワケですね。

「まだ結婚できない男」相関図「まだ結婚できない男」相関図 出典:カンテレ

▽見逃した方は、1週間以内であれば、
TVer

▽1週間以上が経ってしまったら、
FOD 1ヶ月は無料お試し

関連記事