政治家

[元号]安倍首相談話『令和』に込めた思い。「希望の花咲き誇る美しい国へ」

てげ子
てげ子
こんにちは😄てげ子です。

2019年4月1日正午すぎ、新元号『令和』について、安倍首相が談話を発表しました。

「令和」は、「大化」以来1400年近い歴史の中で、初めて中国ではなく国書である『万葉集』からの引用です。

「令和」はちょっと言いにくい?

「令和」という元号を初めて見た時、正直、「ちょっと言いにくくない?」と思いました。

「れいわ」じゃなく「れーわ」になりそう。

「令」という文字もちょっと安定感が‥。

令嬢の令ですが、命令の令というとちょっときつい感じ?

でも、意味を聞くと良いですね。

スポンサーリンク

大伴旅人の家に集まり、梅を楽しむ

万葉集からの引用です。

『万葉集』の「巻五 梅花の歌三十二首并せて序」

引用文
「初春令月 氣淑風和梅披鏡前之粉 蘭薫珮後之香」

読み下し文
「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」

この和歌を書いたのは大伴旅人ともいわれていますが、はっきりせず、作者不詳です。

しかし、この歌は天平2年(730年)正月13日に大宰府の長官ともいえる大宰帥の大伴旅人の家に集まり、梅を楽しんだ際に生まれたとされています。

後半は、梅を美しい女性に例えています。

「新しい時代に向かって、最もふさわしい」

安倍首相は、

「万葉集は1200年ほど前の歌集ですが、一般庶民を初め、地位や身分に関係なく、我が国の豊かな国民文化を象徴するもの」

と述べました。

万葉集から引用することで、

「我が国の悠久の歴史と文化、未来に向かって、新しい時代に向かって今、最もふさわしい元号」

を選んだとのことです。

「人々が美しく心を寄せ合う我が国の豊かな国民文化、四季折々の美しい自然を引き継いでいく」

「厳しい寒さの後に美しく咲く梅のように、希望に満ち溢れた新しい時代を作っていく」

そんな思いを込めた元号だといいます。

「世界で一つだけの花」のように。

安倍首相の著書に『美しい国へ』(文藝春秋)があり、一時期自民党のスローガンにもなっていました。

この時は、「美しい国は曖昧だ」という批判もありましたが、梅の花の歌に例えると、分かりやすい気がします。

もちろん、安倍首相が一人で決めた元号ではありませんが、談話を聞いて、安倍首相は美しい日本が大好きなんだと感じました。

未来への希望というメッセージも強く打ち出していましたね。

平成のヒット曲、と「SMAP」の名は出しませんでしたが「世界で一つだけの花」に例えたりも。

平成は震災もあり、少子化問題や近隣諸国との摩擦など、何かと大変な時代でした。

元号は昔は世の中が乱れたり、悪い事が起こった時などに、新しくして運気を上げたとも聞きます。

現在に至る、新天皇の即位時に改元する「一世一元の制」に変更されたのは明治からです。

新元号の発令で、来たる新しい時代が、希望の花が咲き誇る平和で豊かな時代であれと、誰もが願うところです。