Map

【新旧マップ比較】GoogleMap グーグルマップが劣化したと不満の声が続々! 日本地図の大手「ゼンリン」と契約解除しデータを自社製に変更か

↓こんなにも違うGoogleMap新旧地図の見え方

旧GoogleMap
新GoogleMap。なんかスッカスカな感じ。

最近GoogleMapが何か変と思ったら

最近のGoogleMapが何か変、精度が落ちたようなと感じていたら、ネット上ではGoogleマップが劣化したと不満の声が相次いでいる。

本来は道ではない個人の住宅が抜け道かのように表示されていたり、山の陰が海になったりなど空撮データ絡みの不具合が明らかになっている。

いつの間にか地図の右下にあるコピーライト表記のZENRINの文字が消え、「地図データ(C)2019 Google」となっている。

ゼンリンとの契約解除で日本地図データを自社製に変更したためのようだ。

Googleは3月6日、Googleマップの日本向け地図を一新すると発表していた。

その際、より分かりやすい徒歩ナビゲーション、乗換案内、地図のダウンロードが可能になるとしていた。

新機能の「オフラインマップ」は、地図を事前にダウンロードしてオフライン環境でも見られるようにするものだが、日本では「契約上の制限」があるため提供して来なかった。

オフラインマップがついに日本で実装されるとの発表から、「両社で契約の折り合いがついたのでは」との見方もあったが、実際はゼンリンとの契約を終了し、Google製の地図データに切り替えに踏み切ったということのようだ。

不適切な道路の形状などから、
「航空写真から道路の存在や形状を機械学習で検出しているのでは」
という指摘もある。

ゼンリンは、Googleマップのサービス開始当初(2005年)から地図データをGoogleに提供して来たが、Googleから契約解除されたようだ。

だが一方、ゼンリンは、20日(現地時間)、Webサイトやアプリ向けに地図サービスを提供する米Mapboxは、ゼンリンと提携して日本の地図データを強化したと発表した。

Appleの地図も最初はひどかったが改善されている。

Googleも、もちろん早急に改善に努めるのだろうが、いつ頃まともな地図になるかは定かではない。