レストラン

[飲食]さいたま市の南与野にトンカツ定食、カツ丼、カツカレーが安く美味しく食べられる「かつや」オープン!近くにはスタバ、コメダ珈琲も

かつやが南与野にオープン

 

埼京線・南与野駅近くに2月27日「かつや」がオープン

埼京線・南与野駅近くに、本日2月27日、「かつや」がオープンしました。

490円(税別)でカツ丼が食べられることで有名な、とんかつ屋です。

本日から5日間は、オトクな4種類限定の特別メニュー。

カツ丼(竹)702円→500円
ソースカツ丼(竹)702円→500円
ロースカツ定食745円→500円
カツカレー(竹)853円→500円
(すべて税込価格)

「コメダ珈琲」でモーニングセット、昼は遅めに「かつや」の「トンカツ定食」を食しました。

大勢のオープニング・スタッフさんたちが元気よく迎えてくれました。

この値段でこの味ならOKです。

そりゃあ、高級な味ではございません。

でも、トンカツの味は、「とんかつ和幸」「さぼてん」「とんかつ まい泉」に劣りません。

キャベツは劣りますが。

コメダ珈琲、スタバ、丸亀製麺、七輪房、くら寿司が並ぶ激戦区

JR埼京線・南与野駅近くの国道463号線、いわゆる「埼大通り」沿いには、コメダ珈琲、スタバ、丸亀製麺、七輪房、くら寿司が並び、激戦区というか消費者にとっては便利になって来ています。

相乗効果もあるんでしょうね。

「かつや」で500円トンカツを食べた後、スタバあるいはコメダ珈琲でお茶って、いかがでしょうか。

帰りには次回100円引きの割引券をいただきました。

安さの秘密はオートフライヤーと回転率

なぜ、トンカツを「かつや」は、こんなに安く提供することができるのか。

その秘密は、熟練の職人が不要の、特注のオートフライヤーを導入しているから。

これによって一定の質を保ったトンカツが揚がるわけですね。

それと客の平均滞在時間が15分という回転率の良さ。

以上の2つが、安さの秘密なのでした。

追記:2019年3月2日

肉はあまり食べないのですが、明日で特別メニューが終了なので、今日も行って来ました。

初土曜だったので、混んでいて待たされました。

30分以上待ちました。

先日いただいた100円割引券は使えませんでした。

この前は写真を撮り忘れましたが、今回は掲載できます。

ロースカツ定食
カツカレー(竹)にオプションで「とん汁」(129円)をつけて
カツ丼(竹)に「とん汁」(129円)を付けて

 

▽かつや南与野店Map