皇室

[皇室]『週刊文春』が報じた、小室圭さんを「X氏の養子に」という佳代さんの仰天申し出と秋篠宮家の葛藤

3/20発売の『週刊文春』3/28号に、『眞子さまを傷つけた紀子さまのお言葉』と題して、最近の秋篠宮家の状況が報道されました。

小室圭さん問題を発端に、皇室が揺れています!

さらに、圭さんの母・佳代さんの元婚約者が明かした、仰天の申し出とは?

小室圭さんは内親王の夫にふさわしくない?

最初は内親王のお相手として、申し分のない好青年と紹介された小室圭さんですが、母・佳代さんの元婚約者X氏への借金が400万円以上あることが発覚し、婚約延期、圭さんアメリカ留学、佳代さんが姿を消し、秋篠宮家には不協和音が‥と、皇室を取り巻いて前代未聞の騒動が続いています。

その間、借金問題に留まらず、小室親子のビックリ仰天なさまざまな行動が報道され、「こんな親子は借金を返しても弁護士資格取っても内親王にふさわしくない! 一般家庭でも無理!」 といったムードが広がったわけですが、当事者の秋篠宮家では、親子の断絶はさらに深まっているもようです。

「『納采の儀』を行うことはできない」と秋篠宮さま

この春、秋篠宮家では長男の悠仁さまがお茶の水女子大付属小学校を卒業。

次女の佳子さまも3月22日に国際基督教大学の卒業式を控え、本来ならおめでたい門出の時期のはずですが、どうも秋篠宮家では、親子で会話すらままならない状況のようです。

まず、眞子さまは今も圭さんと結婚したがっていて、両親に「邪魔されている」と思っているのかもしれません。

昨年の11月22日、秋篠宮さまが53歳の誕生日に先立って会見され、「多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ、私たちは婚約に当たる『納采の儀』というのを行うことはできません」とおっしゃったことは大きく報道されました。

さらに、記者団から最近の眞子さまの様子を聞かれた秋篠宮さまは、「最近はそれほど娘と話す機会がないので、よく分かりませんけれども」と述べられました。

眞子さまは紀子さまに口もきかないほど反発

それを受けて紀子さまが、「昨年の暮れから、長女の体調が優れないことが多くなりました。そうした状況が長く続き、長女は大丈夫だろうか。どのような思いで過ごしているだろうかと大変心配でした」とおっしゃいました。

この言葉が、眞子さまを非常に傷つけ、怒らせ、口もきかない状況だと、秋篠宮家周辺の方の言葉として、『週刊文春』は伝えています。

これを読んで、正直、私は「なんで?」と思いますけれど、紀子さまが「私も分かりません」と言っては、「母親として何をやっているのか」と皇后さまに叱られるかもしれないので、話をすり替えて保身に走った、と眞子さまは思っている、と「秋篠宮家周辺」の方が言っているのだそうです。

これだけ読むと、まるで反抗期の中学生のようですが。

もともと、秋篠宮さま以上に、紀子さまが圭さんとの結婚に反対している、と言われていました。

紀子さまは佳代さんから、「秋篠宮家に挨拶に行く時の服がないから用意してくれないか」とか、借金問題が発覚した時にも、「秋篠宮家で出してくれないか」といった非常識な「おねだり」をされて、電話を持つ手が震えるほどショックを受けたというエピソードもありした。

圭さん自身も、当初、「借金のことは知らなかった」と秋篠宮夫妻に嘘をつき、その後「贈与だった」と開き直るなど、この親にしてこの子ありと、紀子さまの小室親子への不信感はMAXなのでしょう。

秋篠宮さまと紀子さまの見解の相違?

秋篠宮さまは常々、結婚に関して「家柄は関係ない」、「本人同士の気持ちが大事」というようなことをおっしゃっていたと聞きます。

この点に関しては、紀子さまも賛成なさっているでしょう。

でもね、家柄は関係なくても、人間としての「品性」は大事ですよ。

借金があっても構わないですが、その内容が重要ですよね。

秋篠宮さまは、以前、借金問題の解決と、安定した収入の得られる仕事に就くことの2つを条件に出されたとのことですが、その2つが解決されれば眞子さまとの圭さんの結婚を許すおつもりなんでしょうかね?

秋篠宮様はもしかしたらそうかも。

でも紀子さまは、その2つの問題が解決しても、結婚には反対でしょう。

その辺が、眞子さまと相容れないところかも。

スポンサーリンク

「就職に有利」と婚約解消の日に「養子縁組」要求

『週刊文春』にはさらに、ビックリ仰天の記事が掲載されていました。

今も400万以上の借金問題で話題の、佳代さんの元婚約者X氏が、あまりにも金銭の要求が大きいので、婚約解消を申し出た際、佳代さんから、圭さんを養子にしてくれないか、という要望があったというのです。

圭さんも頷いて同意していたとか。

「母子家庭よりは父子家庭の方が就職に有利だから」というのが佳代さんの言い分だったそうですが、ちょっとまともな神経じゃないですね。

もしかして、借金を返したくないからかしら?

しかも、「圭という名前は、小室という姓に合わせて考えたものだから、姓は小室のままで」と要求してきたそうなのですが、いったいどういうこと?

小室姓を変えずに養子にという無茶振り

もし養子になればX氏の籍に入るんだから、圭さんがX氏の姓になるのが普通ですよね。

小室のままでって、夫婦別姓もまだなのに、そんなことができるのでしょうか?

X氏も小室姓になれってこと?

謎だらけです。

X氏は、佳代さんと婚約した時、彼女に言われて、生命保険の受け取りを娘さんから佳代さんに変更したという経緯もありますから、まさかX氏の保険金とか財産目当てじゃないですよね?

X氏は小室親子と同じマンションに住んでいましたが、その後ローンが払えなくなり売却するなど、特に裕福ではなさそうですが、退職金で購入したというジャガーに乗っているなどしたため、佳代さんは資産家と思っていたかもしれません。

そのジャガーも売却されたそうですが。

X氏の生命保険の受け取りと増額を要求した佳代さん

保険金に関しては、「500万円は少なすぎる」と、佳代さんに増額を要求されたとも言われています。

結婚もしていないのに、普通、良識があればこういうことは言わないと思います。

圭さんのお父さんも、自殺されましたが、不審な点があるということで、すぐには保険金が降りなかったとか。

まさか、まさかと思いますが、怖いですね。

X氏は、もちろん養子の話は速攻で断ったそうです。

関連記事