皇室

小室圭さん、奨学金の危機? 「NY州弁護士」の司法試験は受験せず、フォーダム大学ロースクールJDに進学予定

てげ子
てげ子
こんにちは😄てげ子です。

3/7発売の『週刊文春』3/14号が、「小室圭さん金欠ピンチと眞子さまを独り占めした元女性大臣」と報じました。

 

女性大臣はどうでも良いのですが、超VIP待遇の圭さんに何が起こったのでしょう?

圭さんに「NY州弁護士」司法試験の受験資格はない、と代理人

先日、『女性セブン』3/7号や、『週刊新潮』3/7号が、小室圭さんが今年7月に、「NY州弁護士」に挑戦するのではないか、と報じました。

しかし、圭さんの代理人、上芝弁護士によれば、
「受験資格はないと認識しています。7月に受験、という記事には正直困惑している」とのこと。

確かに、NYの司法試験は、現在圭さんが受講中のLLMを終了したからといって、受けられるものではないそうです。

日本での法学教育も必要で、NY州司法試験委員会で、事前に受験資格があるか否かの審査を受けなければならないということです。

そういう意味では、圭さんは日本での法学教育は全く受けていません。

ICU(国際基督教大学)では教養学部卒。一橋大学大学院では、経営法務を学んだとのこと。

何をしたいのかよく分からない経歴です。

女性国際弁護士の影響で国際弁護士を目指すも、大学も大学院も法学とは無関係

圭さんが国際弁護士を目指すのは、ロサンゼルス在住の国際弁護士、立川珠里亜氏(71)の影響、と『女性自身』が報じたことがあります。

立川氏は、4歳のときに台湾から移住。日本国籍を取得して立川姓になった、日・英・中の3カ国語を操る国際派の辣腕弁護士で、ICU(国際基督教大学)出身でもあるそうです。

眞子さまと小室さんの先輩ですね。

立川氏と圭さんは、圭さんが2012年にロスへ留学したとき以来の付き合いで、圭さんがパラリーガルとして勤務していた『奥野総合法律事務所』を紹介したのも、立川氏だというのです。

2012年なら、圭さんは20歳前後でしょうか。

その時に影響を受けていたなら、法学部に転部とか出来なかったのでしょうか?

それが無理でも、大学院に行かないで、別の道があったのではないか? と思うのですが、よく分かりませんね。


オキテ破りの留学と超VIP奨学金。次年度はどうなる?

それはともかく、NY州弁護士の司法試験は、圭さんには受験資格がない、とのことですが、そういう掟破りなら、すでにやっています。

現在在学中のフォーダム大学LLMだって、本来圭さんに入学の資格はないはず。

J.D.を取得した者やアメリカ合衆国外でJDに相当する法律教育を受けた者を対象として、LL.M. 課程を設置しているロー・スクールが多い。LL.M.課程は通常1年間の課程である。LL.M.課程の中には、J.D.を取得したアメリカ人学生を中心に教育するところもあるが、多くのロー・スクールにおいてはLL.M.課程は外国で法学教育を受けた者を主たる対象としている。
外国の学生がLL.M課程に入学するために、本国で最初の法学教育を卒業していることが要件とされ、卒業した教育機関の教員等からの推薦状が求められる。日本からの留学生の場合、この要件は日本の大学の法学部または法科大学院(法学部や法科大学院を修了せずに法曹資格を得た者については司法研修所)を修了したことにより満たされる。また、英語を母国語としない入学希望者はロー・スクールが定める一定の基準を超えるTOEFl
のスコアを取得することが要求される(上位50位までのほとんどのロースクールでは120点満点中100点以上が必要)。
日本人がロー・スクールに留学する場合、LL.M.課程に入学することが大多数である。日本の弁護士資格を有する者や、裁判所・検察庁を含む官公庁からの派遣公務員、日本の大手企業の法務部門の担当者等が目立つ。ーーWikipedia

圭さんは、「本国で最初の法学教育を卒業していることが要件」を満たしていないのに、超VIP待遇の特別奨学金付きでLLMに入学しました。

最近では、フォーダム大学内にも、そのことに不満を持つ学生もいると聞きます。

これだけの特別待遇ですから、「NY州弁護士」司法試験だって、資格がなくても受験できちゃう「ウルトラ裏技」だってあるかも、と思っちゃいますよね。

スポンサーリンク


寮費も日米の往復航空券代もカバーする、破格の奨学金

小室圭さんのために新設されたと疑われているマーティン奨学金は、年間約6万ドル(約660万円)の学費に加え、寮費、日米の往復航空券代、書籍代等を全てカバーし、日本円で約1千万円が支給されているそうです。

聞いたこともないような、破格の奨学金ですね。

ただ、この奨学金はLLMコースの奨学金で、圭さんがこの後JDコースに進学するなら、現在受け取れる可能性があるのは、この半額くらいの奨学金だといいます。

それも、成績優秀であることは当然ですが、そのほかにも細かな基準があるといいます。

普通なら、圭さんにはとてもハードルの高い奨学金のはずですが、全てにおいて特別待遇ですから、それも難なくクリアでしょうか?

貰えるとしても、半額になると金銭的に厳しくなるかもしれないですね。

また、マーティン奨学金のような、特別な奨学金が新たに誕生するのでしょうか?

マーティン奨学金が、今度はJDコースについて行っちゃたりしてね。

▽Twitter

関連記事