韓国と韓国人

「日本は盗人猛々しい」発言の韓国の文喜相国会議長の「顔」は「責任を持てる」顔か?

文喜相文喜相国会議長 photo by Saeima

 

40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持てとの名言があるけれど

韓国の文喜相国会議長は、天皇陛下に謝罪を求めた発言を巡る日本の反発について「謝罪すべき側がせず、私に謝罪を求めているのは盗っ人たけだけしい」と批判した。複数の韓国メディアが2月18日、文氏のインタビューを報じた。ーー共同通信

人はよく、そのまま自分に返って来る言葉で他者を非難しがちですが、いかがでしょうか。

中国から日本に帰化して活躍する評論家の石平(太郎)氏のツイッターが良いですね。

それにしても、「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」とはかのリンカーンの言葉だったと思いますが、この議長さんの「顔」、失礼ながら贔屓目に見ても責任の持てる顔には見えませんね。

河野外相が韓国政府に「抗議した、されていない」の問題

いつも思うのは、こういう時に使われる

「遺憾」

という言葉。

これは残念という意味で、抗議する際には適さないと思います。

はっきり「断固、抗議する」

というべきでしょう。

だから、「抗議した」いや「抗議されてない」といった言った言わないの問題が発生するのでは?

日本人はつい言葉をやわらかく、曖昧にしがちです。

日本の政治家は「遺憾」という言葉を使うべきではない。

外交は英語やフランス語でやったほうが良いと思いますね。

追記:2019年3月27日

韓国国会議長が再び、「天皇謝罪」発言。韓国の新聞「ハンギョレ新聞」のインタビューに答えたもので、「安倍総理または天皇陛下が元慰安婦に『申し訳ございません』と言えば根本的に問題が解決する」と述べました。

そして「真意が伝わっていない」とも。

呆れるばかりですね。

菅官房長官は総理官邸での記者会見で、

「甚だしく不適切で、コメントする気にもなれない」

ごもっとも。

いや、もっと強く抗議の弁を言うべきかもしれません。

韓国人は、謝っても謝っても謝罪を求めます。

それどころか、さらなる要求をして来ます。

今までを振り返ればわかることです。

Twitter

関連記事