アイドル

[米セレブ]オスカー、グラミー、BAFTA(英国アカデミー)、ゴールデングローブを受賞した史上初の女性レディー・ガガ(Lady Gaga)さんが婚約解消

↑このTwitterには、「Lady Gagaは正式にオスカー、グラミー、BAFTA(英国アカデミー賞)、ゴールデングローブを受賞した史上初の女性です」と記されている。

第91回アカデミー賞授賞式で歌曲賞に選ばれたガガさん大粒の涙

第91回アカデミー賞授賞式が24日(日本時間25日)、米・ロサンゼルスで行われ、歌曲賞には「アリー/スター誕生」でレディー・ガガ(32)さんが歌った「シャロウ」が選ばれました。

ガガさんはスピーチで、家族やブラッドリー・クーパー監督に感謝し、「何度くじけても立ち上がることが大事です」と大粒の涙を流しました。

同作でガガさんは映画初主演を果たし、歌手を夢見る女性を演じました。

アカデミー賞発の数日前に婚約解消を代理人が認める

そんなレディー・ガガ(32)さんが先日、約2年間交際した恋人で芸能事務所勤務の婚約者クリスチャン・カリーノ(42)氏と破局したことが報じられ、ファンを驚かせました。

ガガさんの代理人はアカデミー賞発表の数日前(2月19日)、AP通信や『People』誌に対し婚約解消を認めました。

17歳年上のカリーノ氏とガガさんは、2017年の初めに交際をスタート。

その約1年後には、ガガの左手薬指に光る指輪が見られ、2人が結婚に向けて計画をすすめているとのウワサが浮上しましたが、ガガさんが彼との婚約を認めたのは、2017年2月のこと。

昨年10月、ガガさんは『ELLE』誌が開いたイベント<Women In Hollywood>でのスピーチで、カリーノ氏を「フィアンセ」と呼び、婚約したことを公表していました。

2月10日グラミー賞授賞式で彼からもらった指輪がなかった

ところが今年2月10日、グラミー賞授賞式に出席した際、ガガがそれまでは着けていた婚約指輪をはめていなかったことや、バレンタイン・デーにも彼について触れていなかったことから、2人の破局が噂されていました。

カリーノ氏から贈られた指輪は、巨大なピンクサファイアに、ダイヤモンドがラウンドセッティングされたもので、値段は4,000万円を超えると報じられました。

今年度のゴールデン・グローブ賞や全米映画俳優組合賞などの行事にカリーノ氏を伴って参加していたガガが、グラミー賞当日、カリーノ氏も式典に出席にしてるのにも関わらず一緒に現れませんでした。

いつもならアフターパーティーなどにカリーノ氏を同伴しているのに、この日彼の姿はありませんでした。

最優秀ポップ・パフォーマンスのソロ部門やグループ部門を受賞した際、スピーチでも彼への感謝の言葉を述べなかったことで、破局が噂されていました。

キニー氏に続き2回目の婚約解消

周囲は、2人は長くは上手くいかないとみていたようです。

ガガの広報担当者が、米Peopleにカリーノ氏との破局・婚約破棄を認めたことで、ウワサが本当だったことが明らかになりました。

ガガさんが婚約解消するのは今回が2度目。

2015年には、自身の楽曲「ユー・アンド・アイ」のMVで共演したことがきっかけで交際に発展した俳優のテイラー・キニ―氏と婚約しましたが、5年間の交際の末に破局、婚約を解消しました。

サムネイル写真:2017年トロント映画祭でのレディ・ガガさん。

photo by Lee Chu [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons