眞子さま

[皇室]「眞子さま『ご結婚なさいませ』」と『女性セブン』が小室圭さんとの結婚を後押し

『女性セブン』(2019年5月2日号)

 

ビックリしますね。

国中が反対しているかと思いきや、『女性セブン』(2019年5月2日号)が、眞子さまと小室圭さんの結婚を後押しするかのような記事を掲載しました。

いったい、どうしたのでしょうね?

眞子さまと小室圭さんがアメリカで再会?

4月12日、眞子さまはプライベートな時間を利用し、大阪・吹田市国立民族学博物館を訪問したそうです。

7月ごろに南米諸国へ訪問するための準備の一環らしいのですが、この南米訪問中に眞子さまが小室圭さんに会うのでは、と噂されています。

というのも、アメリカ・ニューヨークのフォーダム大学ロースクールに留学中の圭さんは、5月に現在のコースを修了し、次のコースが始まる9月まで、長い夏休みの最中なんだそうです。

眞子さまはアメリカ経由で南米入りするそうなので、この時に圭さんと会うことは可能です。

それに、眞子さまは昨年2月に結婚の延期を発表され、来年結婚予定ですので、二人が話し合うのは当然、ともいえますが、お二人は普段からSkypeなどで連絡を取り合っているとも言います。

恋人なら直接会いたいのも自然でしょう。

しかし、来年の結婚なんて、できるのでしょうか?

圭さんはまだ留学中ですし、秋篠宮さまは「多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなければ、私たちは、婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません」とおっしゃいました。

婚約できないのですから、結婚はできないということです。

しかも、それから状況は悪化はしても好転したとは思えません。

「結婚の条件は着々と整いつつあります」

「秋篠宮さまは昨年11月には、現状では『納采の儀は行えない』と発言されました。

しかし、結婚の条件は着々と整いつつあります。

宮内庁や秋篠宮家周辺では、“早く結婚のご決断をしていただきたい”という声が日増しに高まっています。(宮内庁関係者)

『女性セブン』(2019年5月2日号)

❓❓❓

「結婚の条件は着々と整いつつあります」って、どこが?

「小室さんの母・佳代さんが抱えている元婚約者との約400万円の借金問題について、秋篠宮さまは“それ相応の対応”を求められました。

具体的には、金銭トラブルの解決と、それを国民に説明して理解を得ることだと思われます。

元婚約者はトラブルを解決するべく話し合いに応じることを明言したので、小室さんがその気になれば返済することも可能なはずです。

結婚へのハードルが明示され、それさえクリアできれば結婚に大きく近づくことも明らかになったのです」(秋篠宮家に近い関係者)

『女性セブン』(2019年5月2日号)

イヤイヤ、それは、借金は小室親子がその気になれば返せるでしょうが、贈与だと言い張ってこれまで返してこなかったわけで。

今となっては、たとえ借金を返しても、「多くの人が納得し喜んでくれる状況」にはならないと思うのですけれど。

スポンサーリンク


NY州弁護士資格試験は受かったも同然

もう一つの結婚の条件とされた「経済的な安定」については、圭さんがフォーダム大学ロースクールに留学し、1年目に続き、2年目も年間約6万ドル(660万円)の学費が全額免除される奨学生に選ばれたことで、ニューヨーク州弁護士資格試験はもう受かったも同然、といいます。

ただ、この400人の学生からたった2人の「類稀なる成績と強力なリーダーシップ」を持つ者しか選ばれないという奨学金を圭さんが獲得したと最初に報じたのは、フジテレビの『バイキング』だと思いますが、のちに圭さんの代理人・上芝直史弁護士が、「申請はしているがまだ確定していない」と否定しています。

しかし、『女性セブン』では情報が遅いのか? 確定の立場ですね。

通常、大学側は奨学金のエントリーの締め切りから2~3週間かけて慎重に審査をする。

しかし、小室さんだけには締め切り直後に「合格」の連絡をしたというから、異例の特別待遇だったわけだが、それも、“あまりに学業が優秀だったから”なのだろうか。

『女性セブン』(2019年5月2日号)

と、皮肉も忘れてはいませんが。

日本で弁護士資格を取るのも楽勝?

アメリカの司法試験は日本とは違ってコネ社会で、ロースクールでの評価などが大きく影響するそうです。

ましてや、9割が合格する試験なら、奨学生に選ばれた圭さんは、「合格したも同然」なのは本当なのでしょう。

『女性セブン』では、「奨学生に選ばれるのは、日本の司法試験に合格するよりはるかに難しいと言われているので、日本で弁護士資格を取るのも楽勝だということでしょう」と法曹関係者の言葉を紹介していますが、もちろん日本の司法試験はコネではないので、これも皮肉ですね。

結局のところ、

「このままでは、秋篠宮さまの皇位継承順位第1位としてのリーダーシップが問われる事態になりかねません。

ひいては、将来の天皇である悠仁さまのイメージにもかかわってくる問題です。

国民は、いつまで“皇族の婚約内定者”の立場で小室さんが特別待遇を受け続けるのかと、疑問を抱くでしょう。

結婚するかしないかも暖昧な状態で、税金を使って警備されることや、留学で経済的な個人的利益を得ている疑いも、国民が納得できることなのか。

秋篠宮さまが提示された結婚の条件はクリアしそうなのだから、もうご決断されるべきでしょう」(秋篠宮家に近い関係者)

『女性セブン』(2019年5月2日号)

え?

途中まではその通りですが、「秋篠宮さまが提示された結婚の条件はクリアしそうなのだから、もうご決断されるべきでしょう」のところ。

クリアしそうなの?

破談の「ご決断されるべき」ではなく?

スポンサーリンク

一時金辞退で結婚へ

金銭問題は、400万円さえ返せば元婚約者の方は納得するでしょう。

仕事は、圭さんはフォーダム大学ロースクールを卒業してニューヨークの司法試験に合格したら、帰国して奥野総合法律事務所に勤務するとのことですが、日本の弁護士資格がないので、できることはパラリーガル時代と変わらないのでは?

奥野所長が、圭さんが眞子さまと結婚したら、給料を上げてくれるのかな?

それで、一番肝心な「多くの人が納得し喜んでくれる状況」になるのかな?

宮内庁や関係者の皆さまも国民の怒りの対応に疲れて、「もう結婚してくれ〜」という気持ちかも。

元宮内庁職員で、皇室ジャーナリストの山下晋司さんは次のように語っています。

「眞子内親王殿下ご本人の、結婚へのお気持ちが変わらないなら、結婚されればいいのではないでしょうか。

ただし、結婚に批判的な見方をする国民も少なくない中での結婚になります。

女性皇族の結婚はプライベートなこととはいえ、1億円を超える一時金が国庫から支出されるわけですから、公的な側面は否定できません。

その点はご本人も充分に理解されているでしょうから、今の状況で結婚される場合、一時金は辞退されるだろうと思っています」

『女性セブン』(2019年5月2日号)

眞子さまはそうでも、圭さんが一時金辞退、する?

この問題が起こる前、佳代さんが不動産屋で二世帯住宅を探していたという噂がありました。

これって一時金をあてにしてる? と思いましたけれど。

常識では測れない小室親子

圭さんは、一時金辞退はしたくないでしょうけれど、すでに皇室パワーで奨学金獲得や奥野総合法律事務所からの生活費支援など、相当な利益を得ています。

そういったメリットを考えれば、一時金にこだわって結婚できないよりは、一時金を諦めて結婚した方が得だと考えるかもしれません。

しかし、そういう常識で測れないのが小室親子です。

留学前、圭さんはパラリーガルとして働いていたし、メガバンクにお勤めだった時期もあるし、母・佳代さんもパートではなく勤続20年近い正社員だというし、遺族年金も貰っていたらしいし、父親の自殺でローンが免除になったマンションもある。

400万円は返そうと思えばとっくに返せたはずです。

でもそれをしなかった。

今もしていない。

絶対に諦めず、一時金をもらって結婚まで、ゴリゴリ進むかもしれません。

 

[皇室]悠仁親王、お茶の水女子大付属中学入学式で新入生代表挨拶 4月8日、秋篠宮家の長男悠仁さま(12)が、お茶の水女子大付属中(東京都文京区)の入学式に出席しました。 悠仁さまは、...
[皇室]佳子さまICU卒業の「回答」に不満と失望が噴出! 小室圭問題で皇室が揺れている 3月22日、秋篠宮家の次女、佳子さまが国際基督教大学(ICU)を卒業されました。 まずは、ご卒業おめでとうございます。 ...
[皇室]天皇・美智子さま「世紀の結婚」から60年! 織田和雄さんが取り次ぎ、電話でプロポーズの秘話 2019年4月10日、天皇、皇后両陛下はご結婚から60年を迎えられました。 それまでの、旧皇族・華族出身から妃を選ぶという慣習を破...
[皇室]小室圭問題で考える皇族の「異性を選ぶ目」 『週刊文春』4/11号によれば、安倍首相は眞子さまと小室圭さんの問題に関して『早いうちから色んな恋愛を経験していた方がいい。(眞子さ...
[皇室]女性宮家創設で「愛子さまを天皇に!」 宮家のゴタゴタで見えること… 『女性セブン』4/18号に、「眞子さま佳子さま騒動で『愛子さまを天皇に!』待望論に火がついた!」という記事が掲載されていました。 ...
[皇室]『週刊文春』、『週刊新潮』、『女性自身』などの週刊誌報道にみる、佳子さま6つの問題点 「姉の一個人としての希望がかなう形に」 先日のICU卒業にあたって、佳子さまが出された文書の波紋が止まりません。 『週刊文春...
[皇室]天皇陛下は高校時代あの「マジソン・バッグ」の特注品を愛用されていた!天皇陛下は高校時代あの「マジソン・バッグ」の特注品を愛用されていた! 5月1日に天皇に即位された予定の皇太子さまについての報道が近頃、...
[皇室]『文春』砲! 秋篠宮さまはご存知なかった? 小室圭さん発表文書の真相こんにちは😃てげ子です。 実は私、けっこう皇室ウォッチャーでもあります。 #KeiKomuro, the longtime bo...
[皇室]悠仁さまと(紀子さまの悲願)東大は相思相愛? 早くも囁かれる悠仁さまの高校と大学 4月8日、秋篠宮家の悠仁親王が、お茶の水女子大学附属中学に入学されました。 その際、悠仁さまは新入生代表として...
関連記事