皇室

[皇室]ビックリ! 意外に多い眞子さまと小室圭さんの結婚に賛成のデヴィ夫人、小林よしのり氏、小島慶子氏など

『女性自身』5/14・21合併号の記事

 

てげ子
てげ子
こんにちは😄てげ子です。

『女性自身』5月14・21日合併号で、「眞子さま小室圭さん7人が提言『私の最終結論』」として、デヴィ夫人、漫画家の小林よしのり氏、明治天皇の玄孫竹田恒泰氏、エッセイストの小島慶子など7名の方が意見を述べています。

意外なことに、賛成、条件付き賛成が多いのにビックリ!

完全な反対は、竹田氏のみでした。

デヴィ夫人の大きな勘違い

まずは、デヴィ・スカルノ(79)元インドネシア大統領夫人。

「貧しい家庭ではダメですか?」と題して、「条件付き賛成」を表明しています。

デヴィ夫人は、以前は結婚に反対の立場をとっておられたと思うのですが、心変わりされたようですね。

「貧しい家庭ではダメですか?」というのであれば、ダメではないです。

「貧しいことは罪悪ではありません」というのも、全くその通り。

しかし、デヴィ夫人は大きな勘違いしているというか、勉強不足?

情報収集不足ですね。

「留学費用くらい出すのは当然」

借金を返して欲しいと訴える佳代さんの元婚約者X氏を、

「婚約までしたなら、一人息子である圭さんの留学費用くらい出すのは当然のこと」

「婚約解消時ではなく、6年後の小室さんの婚約発表後に表沙汰にするとは、悪意を感じます」

と非難していますが、実の息子の留学費用だって、一般家庭はなかなか出せないです。

それでも、高校、大学には行かせたいとがんばっているのが多くの親ではないでしょうか?

奨学金を借りて、進学したり留学したりする人も大勢います。

そういう人たちは、就職してから長い時間をかけて、奨学金の返済を続けるんですよね。

「留学費用くらい」と言い切ってしまえるデヴィ夫人は、やっぱりお金持ちの金銭感覚かなと思います。

X氏は小室親子より貧しい

それに留学費用は、留学ビザを取るための「見せ金」としてごく短期間の約束で佳代さんが借りたもの。

それをうやむやにして返さなかったのは佳代さんです。

「婚約解消時ではなく〜」というくだりも、X氏は婚約解消時に返済を求めていますが、「もらったもの」と開き直って返さなかったのも小室親子です。

X氏も甘かったですけれど、その後、佳代さんにお金を貸したばかりに、家も車も失っています。

はっきり言ってローンのないマンション所有の小室親子より、X氏は貧しいのでは?

「貧しいことは罪悪ではありません」

眞子さまと小室圭さんの結婚に反対するのは、小室圭さんが母子家庭だからでも貧しいからでもありません。

タイトルからしてズレています。

デヴィ夫人はいろいろハッキリおっしゃって面白いですけれど、「留学費用くらい〜」とご自身の金銭感覚で人をバッサリ切るのは、やはり誰かを傷つけているのじゃないでしょうか?

「留学費用くらい」、ポンとくれてやれる余裕のないX氏の、「貧しいことは罪悪ではありません」よね?

いちいち全部は書ききれませんが、他にもツッコミどころ満載の記事でした。

デヴィ夫人だけで長くなっちゃったので、他の方のことはまた明日書きますね!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です