皇室

[皇室]秋篠宮さまご夫妻が眞子さまご結婚問題に言及する可能性と、小室圭さんの「驚異的な図太さ」!

『週刊女性』2019年6月18日号より

てげ子
てげ子
こんにちは😄てげ子です。

『週刊女性』2019年6月18日号スクープです。

眞子さまと小室圭さんのご結婚問題は膠着状態のままですが、近く秋篠宮ご夫妻が、この件に関してお話になるかもしれないそうです。

公務に励んでも叩かれる眞子さま

令和の時代になり、眞子さまも秋篠宮ご夫妻から引き継がれた公務に真摯に取り組んでおられる眞子さま。

5月22日からの[全国都市緑化祭』の式典に出席され、挨拶をされました。

また、6月2日には紀子さまとお二人で、横浜市西区の横浜能楽堂での天皇陛下の即位を記念した琉球芸能をご鑑賞されたり、忙しく過ごされているようです。

けれど、ヤフコメなどでは、眞子さまの顔を見るだけでも小室圭さん問題を思い出して不愉快になる、という方も多いらしく、「出てこなくていい」とか、「もっと先にやることがあるでしょう!」と、かなりひどい書かれようです。

結婚延期の2020年がやってくる

婚約内定会見での眞子さまと小室圭さん(共同撮影)

 

眞子さまと小室圭さんが交際していると報道されてからほぼ2年。

婚約内定会見を行って、ご結婚のはずでしたが、みなさまご存知のように、母、佳代さんの借金問題などが出てきて、結婚を2年延期すると発表されたのでした。

その通りの予定なら、2020年にご結婚となるはずですが、小室圭さんの問題は借金にとどまらず、国民の多くは「破談」を望んでいるようです。

秋篠宮さまも、「このままでは納采の儀(婚約)は出来ない」とおっしゃいましたし、2020年も小室圭さんは留学中のようです。

現実問題として結婚出来なさそうなのですが、破談になったわけでもなく、小室圭さんは「眞子さまの婚約内定者」の身分をフル活用して留学続行中です。

スポンサーリンク

「スマホを取り上げろ!」の声も

こういう、中途半端な状態で、国民が「早く破談に!」とイラッとするのも分かるのですが、眞子さまの小室圭さんへのお気持ちは変わっていないとのこと。

(小室圭さんと連絡を取っていると思われる)「眞子さまのスマホを取り上げろ!」という声も多々ありますが、中学生ならいざ知らず、27歳にもなった大人から、それは無理でしょうと思います。

ただ、そういったことから、「秋篠宮家の教育に問題がある」とか、「秋篠宮さまが優柔不断」など、ご一家全体が非難されているような状況です。

「結婚の気持ちは変わっていない」という小室圭さん

小室圭さんは、代理人弁護士を通じて、「結婚したい気持ちは変わっていない。眞子さまとも連絡を取っている」と言っていますが、では秋篠宮ご夫妻のお気持ちはどうなのでしょう?

ご夫妻としては破談しかないと思っているけれど、眞子さまのお気持ちが変わるのを待っているのか。

それとも、状況によっては結婚を認めても良いと思っているのか。

海外公務の前に秋篠宮ご夫妻の会見が

そこで、『週刊女性』のスクープですが、秋篠宮ご夫妻は6月27日から約10日間の日程でポーランドとフィンランドを公式訪問される予定だそうです。

外交関連樹立100周年の記念行事などに臨まれるということですが、この訪問前に、ご夫妻で会見をすることが決まったそうです。

もちろん、会見の趣旨はポーランドとフィンランドへの訪問に向けてということですが、合わせて、ご家族に関する質問が出るのではないかというのです。

宮内庁記者会は、訪問国への印象や抱負とともに、今年1月に発表された小室文書について、また眞子さまの結婚についての今後の見通しを質問する予定だとか。

あくまで質問案なので、宮内庁に却下される恐れもあるそうですが、秋篠宮さまは昨年のお誕生日会見でも眞子さまの結婚について触れていますし、全く答えないのも不自然なので、なんらかのお言葉があるのでは、と期待されます。

スポンサーリンク

小室圭さんには、「驚異的な図太さ」があった!

また、『週刊女性』には、小室さんがメガバンクの行員だった時代の同僚の話が掲載されていて、興味深かったです。

それによると、小室圭さんには、「驚異的な図太さ」があったといいます。

「正直、職場では浮いた存在だったと思います。

小室さんの上司は、彼のことを“話を聞かない”“言ったことをやらない”とボヤいていました。

これまで、借金トラブルに関して秋篠宮さまからの助言があっても、一向に小室さんが動きを見せないのは、銀行員時代から変わっていないからだと感じます」
(元同僚のAさん『週刊女性』2019年6月18日号)

また、別の同僚Bさんは、

「“今の仕事は僕がやるような仕事じゃない。もっと大きな仕事ができると思っていた”といった話をしていたそうですよ。

とはいえ、何もわからない新人がいきなり、そんな大きな仕事をできるわけがありませんよ」
(元同僚のBさん『週刊女性』2019年6月18日号)

どんな仕事も、最初は小さな仕事からスタートするものですが、小室圭さんには我慢できなかったのか、2年も経たないうちに銀行を辞めてしまいました。

今は、ニューヨーク州の弁護士資格を取るために猛勉強中ということですが、資格を取ったとしても、最初から大きな仕事が出来るはずはありません。

その時に、小室圭さんはどうするのか?

眞子さまや秋篠宮さまご夫妻はどう思っていらっしゃるのか?

秋篠宮ご夫妻が直接語ってくださるなら、楽しみに待ちたいと思います。

Amazonで探す楽天市場で探す

関連記事