映画(海外)

[映画]『Me before You 世界一キライなあなたに』ラブコメの装いの中に尊厳死という重いテーマ

世界一キライなあなたに(字幕版)』という映画をAmazon Prime Video(アマゾン・プライム・ビデオ)で観ました。

邦題は『世界一キライなあなたに』ですが、この題はいただけません。

原題のほうが、いろいろな意味を考えさせる良いタイトルだと思います。

それはともかく、素晴らしい映画でしたので、まだ観てない方のために、ご紹介したいと思います(ネタバレあり)。


 

介護の仕事に就いたキュートな26歳が直面した問題

英国の田舎町のカフェでウェイトレスとして働く、笑顔が素敵でお洒落好きな通称ルー。

彼女はある日、閉店のため1ヶ月分の退職金を渡され、6年勤めた職を失います。

父母と妹と4人で暮らすルーですが、父もすでに失業しており、妹は思わぬ妊娠出産で大学を中退して子育て。

彼女の稼ぎが一家を支えていました。

そのため、すぐ次の就活をしなければなりません。

日本でいえばハローワークのような所へ行って、職を探します。

しかし、なかなかこれという職が見つかりません。

窓口で粘っていると、担当者が、ある仕事を見つけます。

6ヶ月の期限付きですが、高級をもらえるということです。

それは、介護兼話し相手という仕事でした。

早速、面接に赴くと、そこは城。

年配の上品な女性の質問にルーが快活に答えます。

無事、採用が決まって喜ぶルーは婦人に尋ねます。

「それで、ご主人は?」

「いえ、息子よ」

そう、介護が必要なのは老人ではなく、若くてハンサムな青年でした。

上流階級で人生を謳歌していた青年実業家ウィルは、ある日不慮の交通事故に遭い、脊髄を損傷、首から下がマヒしてしまったのです。

人生に絶望し、笑うことを忘れ、寡黙になったウィル。

庶民で、貧しいながらも幸せな家庭で育った明るく朗らかなルーが、そんなウィルの閉ざされた心を開いていきます。

ウィルは笑いも取り戻し、人生に希望を見出し始めたかのように見えましたが、ルーはある日、彼が安楽死(尊厳死)を望んでいることを知ってしまいます。

彼女の奮闘で悲しい結末を回避出来るか

彼はすぐにも死をと願いましたが、両親が何とか半年間の猶予を承諾させたのでした。

そう、だから雇用期間が半年という期限付きだったのです。

部屋に閉じこもりきりだった彼をルーは外に連れ出すことに成功し、次第に二人は惹かれ合います。

何とか彼の決心を変えさせようと、悲しい期限の間際、プライベートジェットで海のリゾートへ旅します。

楽しい時を過ごして、彼の決心は揺らぐかのように見えましたが…。

しかし、ウィルの心は変わりませんでした。

彼は旅から帰ると、医師と看護師により安楽死(尊厳死)を幇助するスイスの団体「ディグニタス」へ向かいます。

改心させることが出来なかったルーは失望し、一旦は彼の元を去りますが、思い直してスイスへ向かいます。

ウィルの悲しい結末は、賛否を呼んだようです。

一部の映画評論家からは絶賛されたものの、障害者を支援する活動家などからは非難を浴びたそうです。

原作や俳優、ヒット記録

原作は、2012年にイギリス人作家ジョジョ・モイーズが発表した恋愛小説「Me Before Youミー・ビフォア・ユー きみと選んだ明日 (集英社文庫))」。世界40カ国以上で翻訳され、累計発行部数850万部を超える大ベストセラーです。

ルーを演じるキュートな女優、どこかで観たことがあると思ったら、タ—ミネ—タ—:新起動/ジェニシス』でサラ・コナー、『ゲーム・オブ・スローンズ(Game of Thrones)』のデナーリス・ターガリエンを演じるエミリア・クラークでした。

ウィルを演じたのは、『あと1センチの恋』のム・クラフリン。

この映画は、2016年に全米で公開されると、ロマンチック・ドラマ(ラブ・ストーリー)部門でNo.1ヒットを記録したそうです。

確かにラブストーリですが、尊厳死という重いテーマをラブコメ風に装った映画といったほうが良いかもしれません。

『最強のふたり』に似たシチュエーション

この映画を観始めて思ったのは、2011年の仏映画『最強のふたり (字幕版)(原題:Les Intouchables アントゥシャーブレ)』に似た設定だということでした。〈『最強のふたり [Blu-ray] 』〉

車いす生活を送る富豪を、移民で貧困層の黒人青年が介護し、まったく境遇の異なる2人が深い友情で結ばれていく実話を基にした物語。セザール賞に輝くフランスの名優フランソワ・クリュゼと、コメディアンで俳優のオマール・シーが演じました。

どちらの作品も男女の恋心、男同士の友情という差はあれ、また結末の違いはあるにせよ、お互いを思いやる心の美しさに心を打たれます。

正月休みなど穏やかな休日に、ぜひおすすめしたい、心を潤す2本です。

スタッフ・キャスト、作品データ

スタッフ
監督:テア・シェアイック
製作:カレン・ローゼンフェルト、アリソン・オーウェン
製作総指揮:スー・ベイドン=パウエル原作ジョジョ・モイーズ

キャスト
エミリア・クラーク[ルイーザ・クラーク(ルー)役]
サム・クラフリン[ウィル・トレイナー役]
ジャネット・マクティア[カミーラ・トレイナー役]
チャールズ・ダンス[スティーブン・トレイナー役]
ブレンダン・コイル[バーナード・クラーク]

作品データ
原題:Me Before You
製作年:2016年
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:110分
原作:「ミー・ビフォア・ユー きみと選んだ明日」(ジョジョ・モイーズ、2012年)