皇室

[皇室]「剣璽等承継の儀」「即位後朝見の儀」無事終えて

「剣璽等継承の儀」で晴れやかなお顔の新天皇陛下

「剣璽等承継の儀」および「即位後朝見の儀」の儀式を国事として

8時47分から、令和初の臨時閣議が行われ、「剣璽等承継の儀」および「即位後朝見の儀」の儀式を国事として行われることを決定した。

また、即位にともない、大勲位菊花章頸飾、桐花大綬章、文化勲章の3種を譲与することを決めた。

天皇陛下は、10時頃、東宮御所を出発、皇居に向かわれた。

その後、儀式への参列者が続々と皇居に。

「剣璽等承継の儀」。新天皇に継承される三種の神器のうち剣と璽。鏡は伊勢神宮の内宮に御神体として祀られている。

「剣璽等承継の儀」

午前10時30分から、

皇居・宮殿「松の間」で「剣璽等承継(けんじとうしょうけい)の儀」が行われた。

剣璽等承継の儀には、皇位継承順位1位の皇嗣の秋篠宮さま、同3位の常陸宮さまに加え、三権の長や閣僚ら26人が参列。

えんび服に勲章を付けた新陛下が松の間に入室し、秋篠宮さま、常陸宮さまが後に続いた。

皇位の証しとされる剣と璽(じ)=まが玉、天皇が国事行為に使う印章「御璽(ぎょじ)」と「国璽(こくじ)」を受け継いだ。

その後、新陛下は再び剣と璽などをささげ持った侍従と共に退出した。

剣と璽は今後、新陛下のそばに置かれる。

2人が両手で捧げているのが「御璽」と「国璽」。その右に璽(勾玉)さらに右端の包には剣が入っている。

 

スポンサーリンク

「即位後朝見の儀」

午前11時10分〜20分松の間で行われる「即位後朝見の儀」で、国民に向けて初めてのおことばを述べた。

新皇后さま、秋篠宮ご夫妻ら成年皇族方に加え、三権の長や閣僚、都道府県知事や市町村長の代表ら約300人が参列。

「即位後朝見の儀」のため皇居へ向かわれる途中、車中からにこやかに手を振られる新皇后
お言葉を述べられる天皇陛下と皇后さま。写真:代表撮影
右から、秋篠宮皇嗣殿下、秋篠宮皇嗣妃殿下(紀子さま)、眞子さま、佳子さま、高円宮憲仁親王妃 久子さま、高円宮憲仁親王第1女子承子(つぐこ)女王(じょおう)
初の「お言葉」を述べる新天皇陛下

 

お言葉全文

日本国憲法および皇室典範特例法の定めるところにより、ここに皇位を継承しました。

この身に負った重責を思うと粛然たる思いがします。

顧みれば、上皇陛下にはご即位より、30年以上の長きにわたり、世界の平和と国民の幸せを願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その強い御心をご自身のお姿でお示しになりつつ、一つ一つのお務めに真摯に取り組んでこられました。

上皇陛下がお示しになった象徴としてのお姿に心からの敬意と感謝を申し上げます。

ここに、皇位を継承するに当たり、上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いを致し、また、歴代の天皇のなさりようを心にとどめ、自己の研鑽に励むとともに、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国および日本国民統合の象徴としての責務を果たすことを誓い、国民の幸せと国の一層の発展、そして世界の平和を切に希望します。

天皇陛下のお言葉に続き、安倍晋三首相が国民代表の辞を述べた。

 

新陛下は、宮殿で二つの儀式を国の儀式として行うことなどを定めた臨時閣議決定を裁可し、天皇としての公務を開始。

菅義偉官房長官との面会、新侍従長らの認証式にも臨んだ。

新天皇、皇后両陛下はその後、いったん赤坂御所に戻り、午後3時ごろ、「吹上仙洞御所(ふきあげせんとうごしょ)」(皇居にある上皇ご夫妻のお住まい)を訪れて、即位後初めて顔を合わせて挨拶をされた。

「剣璽等承継の儀」の参列者は前例を踏襲し、皇族は皇位継承権を持つ成年男性に限定された。

片山さつき地方創生担当相は女性として憲政史上初となった。

同儀式とほぼ同時刻には、皇居・宮中三殿で、皇室行事の「賢所の儀」と「皇霊殿神殿に奉告の儀」が行われ、新陛下に代わって掌典長が即位を告げる「御告文(おつげぶみ)」が読まれた。

三種の神器とは?

さんしゅのじんぎ、さんしゅのしんき、みくさのかむだから等と呼ばれる。日本神話において、天孫降臨の際に天照大神が瓊瓊杵尊に授けたとされる三種類の宝物、八咫鏡・八尺瓊勾玉・草薙剣の総称。この内、八尺瓊勾玉・草薙剣は併せて剣璽と称される。皇族はもとより天皇でさえもその実見はなされておらず、多くの面が謎に包まれている。『古語拾遺』によると、崇神天皇の時、鏡と剣は宮中から出され、外で祭られることになったため、形代(コピー)が作られた。現在、草薙剣は熱田神宮八咫鏡は伊勢の神宮の皇大神宮八咫鏡の形代は宮中三殿の賢所それぞれ神体として奉斎され、八尺瓊勾玉は草薙剣の形代とともに皇居・吹上御所の「剣璽の間」に安置されている。しかし同皇居内に皇族らが住みながらその実見は未だになされていない。

習近平国家主席

習近平国家主席が天皇陛下の即位で祝電を送った。

退位された上皇さまにも「ごあいさつと祝福」を伝えたという。

習氏は祝電で「中日両国は一衣帯水(の隣国)で、友好の往来の歴史は長い。双方は手を携えて努力し、共同で平和的な発展を促進し、美しい未来をともに切り開きましょう」

と述べた。

Twitter

海外セレブからもお祝い。

アヴリル:ラヴィーン(AvrilLavigne)は、毛筆で「令和」と揮毫。

↓カナダのトルドー首相から

ソフィー(妻)と私は、日本で秋仁皇帝とミチコ皇后にお会いしたことを光栄に思います。そして、彼が皇位を徳仁天皇に譲位したので、私たちはベスト・ウィッシュを広げたいと思います。 日加両国は親しい友人であり、新しい令和の時代にパートナーシップを継続することを楽しみにしています。

↓TIME (1923年に創刊されたアメリカ最大の著名な週刊ニュース雑誌)

[皇室]雅子さま皇后第1ティアラ、紀子さま行方不明説の皇太子妃第1ティアラを継承 今日から令和。 「即位後朝見の儀」には皇族の皆さまが正装で登場されました。 新皇后陛下の雅子さまは、皇后の第1ティアラとネッ...
関連記事