陶芸

[陶芸技法]クッキーの抜き型で作る、陶器の猫(ニャンコ)ブローチがいっぱい!

えこりん
えこりん
こんにちは😄えこりんです。

クッキー作りの手順でブローチ作り

クッキーの抜き型を使って、猫ブローチをたくさん作りました。

まず、タタラづくりで粘土を5ミリ厚さに伸ばします。
5ミリのタタラ板を粘土の両脇において、綿棒で伸ばすと、5ミリの粘土板ができるわけですね。

そこをクッキー型で抜いていきます。
まさに、抜き型クッキーを作るのとほぼ同じで手順です。

陶芸って、器とか、キッチンで使うものを作ることが多いですが、逆にキッチンで使うものが、陶芸でも使えるってことも多いです。

ザルとかボウルとか、スパチュラとかお玉とか、陶芸で日常的に使っていますものね。

今回は、無印良品の抜き型を使いました。

無印の型。今は販売されていません。

残念ながら、現在はもう取り扱いがないようです。
ただ、クッキーの抜き型は何んでも使えるので、Amazonや雑貨屋さんで探してみても良いですね。

スポンサーリンク

抜き型でいろんな種類のニャンコを制作

素焼きが上がったら、ヒューステンのベルベットした絵の具で絵を書いています。
いろんな模様の猫ちゃんを描くのが楽しいです。

絵を描き終わったら、透明釉を吹きかけて本焼きしました。

あとは、後ろにブローチピンを接着剤でつけるだけ。

今の季節だと、ニットに2個くらいつけても可愛いと思います。

後ろに小さな磁石をつけて、冷蔵庫などにつけても良いかもしれません。
飾りにしても良いし、メモを止めたりしても良さそう。

クッキーの抜き型で、色々応用が効きそうです。

追記

このページでご紹介したブローチがヤフーショッピングで販売されることになりました。

ご購入いただければ幸いです。

ヤフーショッピング

 

[陶芸技法]筒上げで高さのある花器を2回に分けて挽く 相変わらず筒上げ苦戦中ですが、実は今の私の腕でも、高さのある花器を作ることは可能らしいです。 それは、2つに分けて挽くこと...
[陶芸技法]マスキングで作る掻き落とし桜絵皿にヒュース・テンのベルベット下絵の具で着色●マスキングテープの下から現れた桜 マスキングして、ゴス釉とルリ釉を吹きかけた皿から、マスキングテープをはがしました。...
[陶芸  技法]掻き落としとマスキングによる椿絵皿の絵付けと釉薬吹き掛け 掻き落としとマスキングの続きです。 今回はちょっと小ぶりなお皿で。 ロクロで引いた時に23センチでしたので、20センチくらいの焼...
[陶芸技法]金彩でキラキラ絵付けと焼成後の汚れ修正方法●キラキラの素敵な食器を手作りで! 皆さん、陶磁器に金彩が施された食器はご存知だと思います。 高級洋食器などによく使われてい...
[陶芸技法]「掻き落とし」とベルベット下絵の具で作る椿絵皿とその技法 絵の具や釉薬の着色で華やかな「掻き落とし」 陶芸には様々な技法がありますが、「掻き落とし」は私の好きな技法のひとつです。 「掻き...
[陶芸技法]「マスキング」の技法あれこれ。どうすれば一番いいの? 面倒だけどきれいにできるマスキングの手順 先日ご紹介した、「掻き落とし」技法ですが、「マスキング」を使っています。 「掻き落と...
[陶芸技法]オルファのアートナイフプロでこんなに簡単だったマスキング! 今日は久々に陶芸ネタです☺️ 掻き落としとマスキングは好きな技法ですが、と〜っても手間がかかります。 もっと簡単な方法はないかな...
[陶芸技法]華やかな「練り込み」はヒビとの戦い? 粘土に色をつけて模様を作る「練り込み」が人気です。 「練り込み」の第一人者、室伏英治先生のお弟子さんに教えていただいたので、ご紹介...

 

 

 

 

 

関連記事