記念硬貨

[オリンピック]これは欲しい!2020年東京五輪・パラリンピック大会開催記念の500円硬貨は「風神雷神図屏風」

↑オリンピック2020まで

てげ子
てげ子
こんにちは😄てげ子です。

スポンサーリンク

来年は東京オリンピック、パラリンピックが開催されます。

オリンピックにはつきものの記念硬貨ですが、7月29日(月曜日)に、財務省から500円硬貨のデザインが発表されました!

「風神雷神図屏風」で素敵です!

初の試み!Twitterで記念硬貨のデザインを一般投票で決定!

実は、財務省は2020年東京五輪・パラリンピック大会開催記念の500円硬貨のデザインについて、Twitterなどで投票を行っていました。

これは、初の試みです。

財務省の公式Twitterアカウントのほか、東京都庁などに設けた投票会場、郵便はがきでも投票を受け付けていたのですが、実に89パーセントがTwitter経由だったそうです。

やっぱり時代ですね。

Twitterはハガキと違って送料がかからず、ずっと手軽です。

投票総数は6万6318票で、A案の「風神雷神図屏風」が最多の2万8741票を獲得したとのことです。

B案の「富士山」は1万6451票、C案の「国立競技場」は2万1053票。

いや〜、これはやっぱり、「風神雷神図屏風」でしょう!

欲しいです。

500円記念硬貨の3つの案500円記念硬貨の3つの案

 

スポンサーリンク

500記念硬貨のデザインは、俵屋宗逹画の風神雷神図から

さて、風神、雷神は皆さんなんとなくご存知でしょうが、改めて言いますと、風神雷神図(ふうじんらいじんず)とは、風袋から風を吹き出し、下界に風雨をもたらす風の神、風神と、太鼓を叩いて雷鳴と稲妻をおこす雷の神、雷神を描いた絵画です。

有名なのは、俵屋 宗達(たわらや そうたつ、生没年不詳)でしょうか。

この500円硬貨のデザインも、ここから取っているようですね。

俵屋宗逹画/風神雷神図(建仁寺蔵)俵屋宗逹画/風神雷神図(建仁寺蔵)

 

俵屋宗逹は、江戸時代初期の画家で、通称は野々村宗達。

号は「伊年」あるいは「対青軒」などです。

俵屋宗逹の名前を知らなくとも、この絵は見たことがあると思います。

引き換えの詳細は、財務省より2020年6月頃発表予定

オリンピック記念硬貨に「雷神」、パラリンピック記念硬貨には「風神」があしらわれています。

もちろん、両方欲しいです。

気になる記念硬貨の入手方法ですが、2020年7月ごろに全国の金融機関で引き換えを始める予定とのこと。

引き換え方法の詳細は、財務省より2020年6月頃発表予定です。

見逃さないようにしましょう!