陶芸

[陶芸]相当に実力があっても落ちる?   コネや金がモノを言う?『埼玉県美術展覧会』(県展)への遠い道

 

「県展」が開催される、埼玉県立美術館前のオブジェ

 

てげ子
てげ子
こんにちは😄てげ子です。

 

5月28日から6月19日まで『埼玉県美術展覧会』、通称「県展」が始まります。

全国でも最大規模の自治体主催公募美術展で、入選の難しさも全国最大レベルといわれています。

今年、去年は入選されていた、すごく実力のある方が選外だったと聞いて、改めてその難しさに驚いています。

「日展」並みに難しい? 埼玉「県展」

噂には聞いていました。

埼玉の「県展」は、日展入選者でもけっこう落ちるほど、レベルが高いって。

 昭和26年以来の歴史があり、日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真の6部門で毎回出品は4,000点前後、入選率45パーセント前後の難関だということでしたが、そうは言っても県展でしょ?

県内在住か在勤、中学生を除く在学者しか応募できません。

そりゃ埼玉県は広いですし、人口も多いので簡単ではないでしょうが、代表的な全国公募展である日展並みは大げさでは?  とも思っていましたが、実際、そうとう難しいみたいなんです。

スポンサーリンク

「日展」に入選したのに「県展」で落選

県展出品のため、美術館へ車の列が続く。

昨年は入選された知人が、今年は選外だったと聞いてビックリ。

すごく実力のある方なんですよね。

「県展」は本当にそんなに難しいの?

ネット上のブログなども含めて、調べてみました。

そうしたら、実際に「日展」に 入選しているのに、「県展」では選外だったという方がいました。

ただ、「日展」と「県展」の両方にだすなら、出来の良い方を「日展」に出すかもしれません。

でも、何年も連続で入選していて、良い出来のものを出したのに落選した、という方もいました。

どうなっているのでしょうね?

スポンサーリンク

日展審査で不正発覚の過去

公募展は実力だけでなく、お金やコネで決まる、という人もいます。

2013年、朝日新聞は「日展」の書道の部で不正があったとスクープしました

「日展」の不正をスクープした朝日新聞

 

   「日展(日本美術展覧会)」は100年以上の歴史を持つ。日本を代表する公募展の一つだ。扱うのは、日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5科(分野)。参加費1万円を払えば誰でも応募でき、審査を通った作品は展覧会でお披露目される。仕組みの上ではキャリアや所属など関係なく同じ舞台に立つことになるはずだが、実際の審査にはさまざまな力関係が働いているという。

   朝日新聞は「書」の篆刻部門で09年度に審査を担当した人物が有力会派幹部に送ったという資料を入手。書道会の重鎮である日展顧問(89)の指示により、「有力8会派に入選数を事前に割り振る不正が行われていた」と報じた。8会派に所属していない人たちはひとりも入選しなかったという。この「内部告発」が真実であれば、有力会派に所属していない参加者は、事実上「門前払い」されていることになる。当の日展顧問は同紙の取材に対し「審査主任が勝手にやったこと」と09年度の審査関与を否定するものの、その後は自身を含めた理事以上の合議により、会派別入選数を決めていたと認める。ただし割り当ては増減2点ほどを限度にしていたという。

   朝日新聞はほかにも、階級があがるほど弟子からの「上納金」が増える仕組みなど、芸術院会員を頂点とするピラミッド型の組織構造まで詳しく紹介。また、「出品して入選するには、絵を購入しなくてはいけない」「訪問時には手ぶらで行ってはいけない」など、審査員にへつらう芸術家の生々しいエピソードを交え「公募展」が名目であることを浮き彫りにした。

(J-castニュース2013年10月30日)

埼玉の「県展」がいくらレベルが高いと言っても、「上納金」を払ってまでとなると、「日展」ほど魅力があるとは思えません。

しかし、審査員の先生の教室に入ると、入選しやすいと聞いたことがあります。

審査員の先生は、推薦枠を持っていることもあるようです。

推薦がなくとも、審査員の先生の好みに合う、という事もあるでしょう。

ある別の方がブログに書いていましたが、ある公募展に出したけれど落選して、2年後にまた同じ作品を出したら、入選どころか入賞してしまったそうです。

どうしてでしょうね?

公募展の「傾向と対策」

審査員が変わったのかもしれません。

審査員と言えども、好みもあるでしょうし。

公募展にも、「傾向と対策」はあるかもしれません。

でも、審査員の好みに合わせて作品を作るというのも、どうなのでしょうか?

自分の作品に会う公募展を探す方が健全です。

「県展」がレベルの高い公募展であることは確かですし、いつかは私も、と思っていましたが、「県展」を目指すのが良いのか?  

気に入った作品ができたら、合う公募展を探して出すのが良いのか?

公募展なんて気にせず、趣味と割り切って楽しく作るのが良いのか?

悩ましいところです。