陶芸

[陶芸技法]くっきりと白く抜かれた素地が美しい、ラテックスで描く染付け絵皿

 

てげ子
てげ子
こんにちは😄てげ子です。

素地を伏せたり、色を抜いたりする技法には、マスキングや撥水剤がありますが、ラテックスを使う方法も。

ラテックスはゴムですので、後でペリッとはがせます。

素地がくっきり白く残り、バックに呉須を飛ばしたりしてメリハリをつけることができます。

絵柄の白く残したいところにラテックスを塗る

1.素焼きの皿に、4Bくらいの柔らかな鉛筆で下描きします。

2.白く残したいところに、ラテックスを塗ります。

最初は不透明で白っぽいですが、乾くと黄色っぽい透明になって、下書きも見えます。

下書きの上にラテックスを塗った素焼きの皿下描きの上にラテックスを塗った素焼きの皿

 

スポンサーリンク

ゴムだからペリッとはがれて、白い素地が現れる

3.呉須で骨描き(輪郭)し、葉の部分にダミを入れます。

4.薄い呉須を筆で飛ばしたり、歯ブラシでしぶきを飛ばしたりして、バックに変化をつけます。

5.ラテックスをはがします。

ラテックスを塗っていた部分がくっきりと白く残ります。

ただ、鉛筆の下描きもラテックスと一緒に取れてしまいますね。

ラテックスを剥がした皿ラテックスを剥がした皿

 

スポンサーリンク

ラテックスの応用あれこれ。さまざまな絵付けに

ラテックスをはがしたところに絵を入れた皿ラテックスをはがしたところに絵を入れた皿

 

6.消えた下描きの線を鉛筆でもう一度入れて、呉須でなぞります。

7.透明釉をかけて焼成します。

酸化焼成でも良いのですが、呉須は還元焼成の方がキレイに発色します。

もちろん、呉須を使った染付けだけでなく、色を使った絵皿にもラテックスは応用出来ます。

デルフト西洋染付け? デルフト焼き風タイル画。手前と後ろの大きな花の一部を、ラテックスで白く抜いています。