陶芸技法

[陶芸  技法]掻き落としとマスキングによる椿絵皿の絵付けと釉薬吹き掛け

 

てげ子
てげ子
こんにちは😄てげ子です。

掻き落としとマスキングの続きです。

今回はちょっと小ぶりなお皿で。

ロクロで引いた時に23センチでしたので、20センチくらいの焼き上がりになりそう。

使いやすいサイズだと思います。

釉薬吹き掛けでグラデーションを狙う

絵付けする部分にマスキングして、呉須釉とルリ釉を吹きかけました。

グラデーションを狙っていますが、うまく行くかな?

マスキングをはがしました。

キレイにははがすのは意外と難しいです。

そっとね。

マスキングテープの上に乗っていた釉薬が乾いてパラパラ落ちるので、汚さないようそっと払い落とします。

ベルベット下絵の具で着色

絵付けします。

陶芸用絵の具はヒューステンのベルベット下絵の具を使っています。

ムラなく塗るには3度塗りするので、けっこう時間がかかります。

ベルベット下絵の具は、ほぼ見たまんま色が出るのでとっても便利。

ただ、紫とか思うように出ない色もあるので、テストピースを作った方が無難です。

それと、絵の具を塗っていると、せっかく掻き落とした輪郭にも絵の具がついちゃうんですよね。

なるべくつかないように気をつけていますけれど。

目立つところは、もう一度鉄筆で引っ掻きますが、注意しないとせっかく吹き掛けた釉薬に傷がつくことも(涙)。

何事も手間がかかります。

葉っぱの部分には、絵の具を塗った後に少し織部釉をのせてみました

最後に透明釉を吹き掛けておしまい。

酸化焼成予定です。

【陶芸技法】筒上げで高さのある花器を2回に分けて挽く 相変わらず筒上げ苦戦中ですが、実は今の私の腕でも、高さのある花器を作ることは可能らしいです。 それは、2つに分けて挽くこと...
[陶芸技法]マスキングで作る掻き落とし桜絵皿にヒュース・テンのベルベット下絵の具で着色●マスキングテープの下から現れた桜 マスキングして、ゴス釉とルリ釉を吹きかけた皿から、マスキングテープをはがしました。...
[陶芸技法]金彩でキラキラ絵付けと焼成後の汚れ修正方法●キラキラの素敵な食器を手作りで! こんにちは😃てげ子です。 皆さん、陶磁器に金彩が施された食器はご存知だと思います。 高級洋食器...
[陶芸技法]「マスキング」の技法あれこれ。どうすれば一番いいの?    ●面倒だけどきれいにできるマスキングの手順 こんにちは😃てげ子です。 先日ご紹介した、「掻き落とし」技法ですが、「マスキング...
[陶芸技法]「掻き落とし」とベルベット下絵の具で作る椿絵皿とその技法絵の具や釉薬の着色で華やかな「掻き落とし」 陶芸には様々な技法がありますが、「掻き落とし」は私の好きな技法のひとつです。 「掻き落と...
[陶芸技法]クッキーの抜き型で作る、陶器の猫(ニャンコ)ブローチがいっぱい!クッキー作りの手順でブローチ作り こんにちは😃てげ子です。 クッキーの抜き型を使って、猫ブローチをたくさん作りました。 まず、...
【陶芸 技法】オルファのアートナイフプロでこんなに簡単だったマスキング! 今日は久々に陶芸ネタです☺️ 掻き落としとマスキングは好きな技法ですが、と〜っても手間がかかります。 もっと簡単な方法はない...
[陶芸技法]華やかな「練り込み」はヒビとの戦い? 粘土に色をつけて模様を作る「練り込み」が人気です。 「練り込み」の第一人者、室伏英治先生のお弟子さんに教えていただいたので、ご紹介...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です