886094872
陶芸

[陶芸技法]マスキングで作る掻き落とし桜絵皿にヒュース・テンのベルベット下絵の具で着色

●マスキングテープの下から現れた桜

釉薬の吹きかけ後、乾いてからマスキングテープをはがした。

 

マスキングして、ゴス釉とルリ釉を吹きかけた皿から、マスキングテープをはがしました。

絵に釉薬がかかってしまっている部分は、濡らした綿棒で拭き取り、足りない部分には釉薬を筆差しして補正します。

掻き落とした線にけっこう釉薬がかかってしまっているのですが、ここはもう一度鉄筆で引っ掻いて地の色を出します。

次は、いよいよ色をつけていくわけですが、私は主にヒュース・テンのベルベット下絵の具を使用しています。

この下絵の具、ほぼ見たままの色が出るという触れ込みで、とっても便利なのですが、実はピンクと紫は鬼門です。

特に紫なんて、焼成温度の加減なのか? 青くなったり白くなったり、安定しません。

●難しいピンクにチャレンジ!

いくつかテストピースを作りましたが、なかなか思った色が出ず。

テストピース作ってるだけでもどんどん時間が過ぎてしまうので、思い切って本番に着手ですよ!

桜なので、この難しいピンクを多用する、チャレンジャーな私です。

薄ピンクという色と赤に、白を混ぜて何種類かのピンクを作っています。

ベルベット下絵の具は、1度塗りだと透明感があり、3度塗りだとクッキリとムラなく仕上がります。

1度塗りや2度塗りは、ムラが汚くなることも多いので、私はだいたい3度塗りしています。

3度も塗るので、当たり前ですが時間も3倍。

少しずついろを変えて、ベルベット下絵の具を3度塗り

●キレイな色を出すのは博打です。

陶器の絵付けって、紙に描くのと違って、色々面倒なことも多いです。

それで、思ったものと全く違う色になったら、目も当てられない!

ですけれど、本当にたまに、思った以上の色が出ることがあって、そこが陶芸の魅力でもあります。

釉薬の色も、焼いてみるまで本当には分からないし、陶芸はけっこう博打ですよね。

試行錯誤しながら絵付けを終わり、この後、透明釉を吹きかけて本焼きです。

ということで、難しいピンクで無謀な賭けに出ていますが、キレイに焼きあがると良いなあ。

焼成後に、またご紹介しますね〜。

[陶芸技法]筒上げで高さのある花器を2回に分けて挽く 相変わらず筒上げ苦戦中ですが、実は今の私の腕でも、高さのある花器を作ることは可能らしいです。 それは、2つに分けて挽くこと...
[陶芸技法]金彩でキラキラ絵付けと焼成後の汚れ修正方法●キラキラの素敵な食器を手作りで! こんにちは😃てげ子です。 皆さん、陶磁器に金彩が施された食器はご存知だと思います。 高級洋食器...
[陶芸  技法]掻き落としとマスキングによる椿絵皿の絵付けと釉薬吹き掛け 掻き落としとマスキングの続きです。 今回はちょっと小ぶりなお皿で。 ロクロで引いた時に23センチでしたので、20センチくらい...
[陶芸技法]「マスキング」の技法あれこれ。どうすれば一番いいの? 面倒だけどきれいにできるマスキングの手順 こんにちは😃てげ子です。 先日ご紹介した、「掻き落とし」技法ですが、「マスキング」を使っ...
[陶芸技法]「掻き落とし」とベルベット下絵の具で作る椿絵皿とその技法絵の具や釉薬の着色で華やかな「掻き落とし」 陶芸には様々な技法がありますが、「掻き落とし」は私の好きな技法のひとつです。 「掻き落と...
[陶芸技法]クッキーの抜き型で作る、陶器の猫(ニャンコ)ブローチがいっぱい!クッキー作りの手順でブローチ作り クッキーの抜き型を使って、猫ブローチをたくさん作りました。 まず、タタラづくりで粘土を5ミ...
[陶芸技法]オルファのアートナイフプロでこんなに簡単だったマスキング! 今日は久々に陶芸ネタです☺️ 掻き落としとマスキングは好きな技法ですが、と〜っても手間がかかります。 もっと簡単な方法はない...
[陶芸技法]華やかな「練り込み」はヒビとの戦い? 粘土に色をつけて模様を作る「練り込み」が人気です。 「練り込み」の第一人者、室伏英治先生のお弟子さんに教えていただいたので、ご紹介...

 

目指せ、ろくろの達人!