陶芸技法

[陶芸技法]オルファのアートナイフプロでこんなに簡単だったマスキング!

 

てげ子
てげ子
こんにちは😄てげ子です。

今日は久々に陶芸ネタです☺️

掻き落としとマスキングは好きな技法ですが、と〜っても手間がかかります。

もっと簡単な方法はないかな〜と模索していたら、ありました!

ものすごく手間がかかっていたマスキングを

今までマスキングは、掻き落とした絵にトレーシングペーパーをあててなぞり、さらにトレーシングペーパーの線に沿ってマスキングテープをカットし、マスキングしていました。

すごい手間!

掻き落とした素焼きにマスキングテープを直接貼って、カットできないかなと思っていたのですが、普通の文房具? のカッターだとうまくいかなかったんですよね。

それで、アートナイフとかデザインカッターならどうかなと思い、評判の良いオルファのアートナイフプロを買ってみました。

結果、大正解!

アートナイフプロなら、素焼きの上で直接カット

幅広の、透けるタイプのマスキングテープを、掻き落とした素焼きに直接貼ります。

掻き落とした外側の輪郭に沿って、アートナイフプロでカットします。

カットした余分なテープは剥がして捨てます。

スポンサーリンク

マスキングテープはまとめて貼ってからカットしても良いのですが、今回は1枚ずつカットしました。

やっぱり、道具は大事ですね。

道具のおかげで、手間を大幅に節約できました。

アートナイフは、素焼きに使うので、歯が早くダメになるかもしれません。

念のため、替え刃も用意しました。

マスキングの後は釉薬吹きかけへ

マスキングが終わったら、手ろくろに乗せて回しながら、釉薬を吹きかけます。

これも最初は息が苦しかったけれど、
だいぶ慣れてきました。

コンプレッサーがあると楽そうですが、けっこう高価です。

頑張って、肺活量が大きくなるよう、鍛えます。

さて、ゴス釉と瑠璃釉を吹きかけて、今日はここまで。

次回、マスキングを剥がして、絵の具で彩色。

透明釉をかけて、酸化焼成の予定です。