陶芸技法

【陶芸技法】筒上げで高さのある花器を2回に分けて挽く

てげ子
てげ子
こんにちは😄てげ子です。

相変わらず筒上げ苦戦中ですが、実は今の私の腕でも、高さのある花器を作ることは可能らしいです。

それは、2つに分けて挽くこと!

上がったり下がったりの筒

陶芸では、横に広い皿も難しいですが、高さのあるものはもっと難しい!

ある程度上がってきても、自分の重さで落ちてきて、上がったり下がったり。

2.5キロで高さ30センチを目指していますが、25センチ前後を行ったり来たりしています。

いずれはマスターしたいですが、今の私の技術でも、高さのある筒を作ることはできるそうです。

20cmの筒を2つ挽いて、繋ぎ合わせれば40cmになりますね。

うまく挽けたかどうかは切ってみると分かる

写真は私の作品じゃなくて、教室の方のです。

せっかく作りましたが、形が気に入らないとそうで、壊す前に縦に切ってみました。

なかなか上手。

真ん中あたりにつなぎ目がありますね。

ちゃんと挽けているかどうかは、こうして切ってみるとよく分かりますが、なかなか勇気がいります。

特に、一見うまく出来ていると、切りたくないですが、一番勉強にはなると思います。

厚みが不均等だと、焼成で歪んだりしますし。

リズミカルに均一の厚みで挽けた筒、憧れです!

 

[陶芸技法]金彩でキラキラ絵付けと焼成後の汚れ修正方法●キラキラの素敵な食器を手作りで! こんにちは😃てげ子です。 皆さん、陶磁器に金彩が施された食器はご存知だと思います。 高級洋食器...
[陶芸技法]マスキングで作る掻き落とし桜絵皿にヒュース・テンのベルベット下絵の具で着色●マスキングテープの下から現れた桜 マスキングして、ゴス釉とルリ釉を吹きかけた皿から、マスキングテープをはがしました。...
[陶芸  技法]掻き落としとマスキングによる椿絵皿の絵付けと釉薬吹き掛け 掻き落としとマスキングの続きです。 今回はちょっと小ぶりなお皿で。 ロクロで引いた時に23センチでしたので、20センチくらい...
[陶芸技法]「マスキング」の技法あれこれ。どうすれば一番いいの?    ●面倒だけどきれいにできるマスキングの手順 こんにちは😃てげ子です。 先日ご紹介した、「掻き落とし」技法ですが、「マスキング...
[陶芸技法]「掻き落とし」とベルベット下絵の具で作る椿絵皿とその技法絵の具や釉薬の着色で華やかな「掻き落とし」 陶芸には様々な技法がありますが、「掻き落とし」は私の好きな技法のひとつです。 「掻き落と...
[陶芸技法]クッキーの抜き型で作る、陶器の猫(ニャンコ)ブローチがいっぱい!クッキー作りの手順でブローチ作り こんにちは😃てげ子です。 クッキーの抜き型を使って、猫ブローチをたくさん作りました。 まず、...
【陶芸 技法】オルファのアートナイフプロでこんなに簡単だったマスキング! 今日は久々に陶芸ネタです☺️ 掻き落としとマスキングは好きな技法ですが、と〜っても手間がかかります。 もっと簡単な方法はない...
[陶芸技法]華やかな「練り込み」はヒビとの戦い? 粘土に色をつけて模様を作る「練り込み」が人気です。 「練り込み」の第一人者、室伏英治先生のお弟子さんに教えていただいたので、ご紹介...