陶芸

[陶芸]浦和のギャラリー『夢工房』で作品展「パプリカとフライパン」

 

陶芸教室の仲間たちの作品展に行ってきました。 テーマは、「パプリカとフライパン」。 ちょっと不思議なテーマですが、陶芸教室でみなさんでお茶を飲んでいた時に、そういう話になったんだそうですよ。 参加されたのは、お二人の講師を含む10人の方々。 皆さん、一所懸命作陶に励んでいたので、どんな作品展になるのか楽しみでした。 場所は、浦和の古民家を改装したお洒落なギャラリー、夢工房。 パプリカは鋳込みで作られているので、みんな同じ形なのに、それぞれの個性が出ています。 フライパンは、小皿っぽく使ったり、耐熱仕様でグラタン皿になったりとこれまたいろいろ。 鍋敷きもあったらしいのですが、人気で売れてしまっていました。 陶芸は作ること自体目指せ、ろくろの達人!

 も楽しいのですが、こういう発表の場があるともっと楽しいですね。