詐欺

[詐欺]詐欺ハガキ「民事訴訟最終通達書」で現金300万円をだましとろうとして国学院大学2年、柳生顕志(22)容疑者逮捕!

TBSニュース詐欺未遂で逮捕された国学院大学学生柳生顕志(やぎゅうたかゆき)容疑者 出典:TBSニュース

 

てげ子
てげ子
こんにちは😄てげ子です。

 

「訴訟通知センター」から「民事訴訟最終通達書」という詐欺ハガキが私の元に再び届いたよ、という記事をアップしてから数時間後。

同じような「民事訴訟最終通達書」を送って、詐欺未遂で国学院大学の学生が逮捕されたというニュースが飛び込んできました!

最近の大学生はどうなってるの?

アパートの空き部屋に、現金を送らせる手口

詐欺容疑で逮捕されたのは、国学院大学2年の柳生顕志(やぎゅうたかゆき)容疑者、22歳。

現役で大学に入学して2年なら19歳か20歳ですから、柳生顕志容疑者が22歳なら浪人したのか留年したのか?  

いずれにせよ、勉強ではなく詐欺に励んでいたようです。

6月に東京・狛江市の女性宅に、「民事訴訟最終通達書」と書かれたうそのはがきを送り、埼玉県内のアパートの空き部屋に現金300万円を郵送させて、だまし取ろうとした疑いで逮捕されました。

女性の年齢はニュースに出ていませんが、やはり詐欺師に狙われやすいという50歳以上なのでしょうか?

詐欺はがき女性を騙そうとした詐欺ハガキ。私に送られてきたものと文面はそっくり 出典:TBS

 

スポンサーリンク

弁護士になりすまして現金を要求

柳生顕志容疑者は、弁護士などになりすまして女性から現金300万円をだまし取ろうとしたとしたということです。

詐欺ハガキの手口として、かねてから注意喚起されていた手口そのものですね。

ウソの「訴訟が起こされた」というハガキを送りつけられる。

被害者が電話する。

ニセ弁護士に連絡するよう指示される。

ニセ弁護士から、供託金などの名目で現金を送るよう指示される。

宅配便、ゆうパックなどで現金を送るよう指示されるほか、プリペイドカードを購入して番号を教えるようにと言われることも。

現金を支払うと、さらに別の名目で現金を要求。5回、6回と現金を騙し取られることも。

10万円から300万円に跳ね上がった要求?

警視庁によれば、女性は、この前日に同じ手口で10万円をだまし取られ、はがきに書かれた連絡先に電話したところ、さらに現金を要求されたため、通報したということです。

ここがちょっとわからないのですが、女性が前日に10万円を騙し取られたのは、柳生顕志容疑者なのでしょうか?

違う詐欺なのでしょうか?

おそらく、同じハガキで1度は10万円払ったものの、再度300万円を要求されたため、通報したのだと思いますが、そうだとしたら、10万円から300万円は詐欺師としては、急に金額を釣り上げすぎな気もします。

柳生顕志は詐欺師としては新米だったのでしょうか。

それとも余罪がたくさんあるのか。

実は黒幕がいるのか。

気になるところですが、とにかく私たちは、詐欺ハガキのカモにならないよう、しっかり自衛しましょう。

詐欺ハガキが来ても電話しない。

心配なら、局番なしの188番(消費者ホットライン)に電話しましょう!

[詐欺]またまた届いた「訴訟通知センター」からの「民事訴訟最終通達書」!詐欺ハガキに絶対電話してはいけません!

[詐欺]また起こってしまった詐欺ハガキ被害 熊谷の61歳女性が「民事訴訟最終通達書」で「訴訟通知センター」に電話して2,000万円被害

[詐欺]「民事訴訟最終通知書」ハガキで「訴訟通知センター」に電話した女性が2600万円被害!対処法は?

[詐欺]架空請求の相談が20万件突破!「特定消費料金未納」「起訴最終告知」「民事訴訟管理センター」「地方裁判所管理局」その対処法は?

 

関連記事