トピックス

[伝説]2019年6月17日は「ストロベリームーン」!好きな人と一緒に見ると、結ばれる「恋を叶えてくれる月」

 

てげ子
てげ子
こんにちは😄てげ子です。

2019年6月17日月曜日は年に一度の「ストロベリームーン」です!

好きな人と一緒に見ると結ばれるとか、幸せになれるというロマンチックな言い伝えがあります。

別名、「恋を叶えてくれる月」!

幸いお天気も良さそうですよ!

2018年に撮影されたストロベリームーン/写真=On-chan [CC BY-SA 4.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)]

 

アメリカ先住民が名付けた「ストロベリームーン」

6月の満月は、「Strawberry Moon(苺月)」と呼ばれて、恋を叶えてくれる力があるそうです。

2017年くらいから、SNSを通じて広まった呼び名ですが、もともとはアメリカの先住民が季節を把握するために各月の満月につけた名前だそうです。

6月はいちごの収穫時期だから、「ストロベリームーン」と呼んだと言われています。

日本のいちごの収穫期はもっと早いですが、アメリカでは6月なんですね。

ちなみに、ヨーロッパではローズムーン、薔薇月だそうです。

月が苺色だから「ストロベリームーン」は間違い?

一部では、月がイチゴのように赤く見えるためストロベリームーン、と言われていますが、そんな事はないそうです。

夕日が赤く見えるように、地平近くに出て間もない月は赤みがかって見えることや、さらに今の時期は空気中の水蒸気が多いため、19時〜20時ごろの高度が低い月は少しピンク色っぽく見えることもあるけれど、月が高く上がってくるといつもと同じ、白っぽく輝く満月になるとか。

気になる方は、月の出からじっくり観察してみてくださいね。

スポンサーリンク

「好きな人と結ばれる」という言い伝えの由来は?

さて、「好きな人と一緒に見ると結ばれる」という言い伝えですが、調べてみても、由来は分かりませんでした。

ストロベリームーンの名前の元、アメリカにもそんな言い伝えは無いようです。

ただ、欠けたところのない満月って、満ち足りたとか満足とか、幸せなイメージがありますよね。

月は女性の月経とも関係があるし、満月は妊娠とか赤ちゃんを連想させたりもします。

そんな所から誰かが言い出した、都市伝説みたいなものかもしれませんね。

それでも「幸せになれる」って感じられるなら、良いじゃない? って思います。

本州は天体観測向きの好天気みたい

気になるお天気ですが、本州はおおむね「ストロベリームーン」がよく見えそうです。

ただ、北海道と日本海側の一部、九州・沖縄地方は天気が崩れる可能性もあるので、要注意です。

午後7時くらいから見れそうですが、見頃は7時半から9時半くらい。

これを逃すと、また来年の6月までストロベリームーンは見られないので、恋人でなくても、大切な人を誘って外に出たいですね。

 

関連記事