アメドラ

メーガン妃が女優としての最後を飾った人気ドラマ『SUITS/スーツ』シーズン7無料配信!

 

てげ子
てげ子
こんにちは😄てげ子です。

アメリカの人気ドラマ、『SUITS/スーツシーズン7が、Amazon prime video、Hulu、U-NEXTで放送開始されました。

シーズン6の終わりに、偽弁護士だったマイク・ロスがいよいよ本物の弁護士になり、活躍が期待されます。

マイク・ロスの恋人、レイチェル役は、皆さんご存知、イギリスのヘンリー王子と結婚して、最近第一子を出産したメーガン妃です!

『SUITS/スーツ』シーズン7ついに放映

アメドラが好きで、「Amazon prime video」か、「Hulu」のどちらかで見ているのですが、『SUITS/スーツ』はシーズン6の後、しばらく次が入ってこなくて、待ちわびていました。

ようやく「Amazon prime video」、「Hulu」、「U-NEXT」でシーズン7が配信開始されました!

アメドラはあまり見ない、という方もいらっしゃるでしょうが、『SUITS/スーツ』は2018年10月に織田裕二主演でリメイク版が放送されましたので、何となく分かっていただけるかな?

でもフジテレビのリメイク版は、本家のアメリカ版と違って全てが迫力不足というか、イマイチでした。

スポンサーリンク

SUITSには洋服のスーツと「訴訟」の意味

英語のSUITSには、洋服のスーツとともに「訴訟」という意味もあるそうです。

いつもカッコよくスーツを着こなしているハーヴィー・スペクター役のガブリエル・マクトとマイク・ロス役のパトリック・J・アダムス。

「黒いスーツの方がいい」とか、スーツについてよく出てくるし、いつもスーツ姿で仕事に邁進してるからスーツかなあと思っていましたが、「訴訟」という法廷用語に引っ掛けてたんですね。

[あらすじ]
ハーヴィー・スペクターは、マンハッタンの大手法律事務所ピアソン・ハードマンで働く敏腕弁護士。難しい訴訟を解決に導くクローザーとして一目置かれる存在だが、部下を持ちたがらず、面倒も一切見ない一匹狼だった。 そんな彼を見るに見かねた所長のジェシカは、シニア・パートナーへの昇進と引き換えに部下のアソシエイトを雇うことを命じ、仕方なくハーヴィーはアソシエイトの面接を始める。マイク・ロスはたったひとりの肉親である祖母の入院費を稼ぐため、友人の勧めでマリファナの運び屋まがいの仕事を引き受けていたが、それが警察の罠であることを見抜き、偶然ハーヴィーの面接会場へと逃げこむ。そこでハーヴィーは、マイクが天才的な頭脳を持っていることをすぐに見抜き、アソシエイトへの採用を決める。しかし、「ピアソン・ハードマン」は、ハーバード大学のロースクール出身者しか採用しないという伝統を持っていた。ハーヴィーはマイクの経歴を詐称することを提案し、2人は秘密を共有する運命共同体となり、数々の訴訟に挑んでいく。
(Wikipedia)

スポンサーリンク

ハーヴィーとマイクの師弟愛

とにかくカッコいいのがハーヴィー・スペクター役のガブリエル・マクト。

敏腕で冷酷、負け知らずの弁護士で傲慢なプレイボーイという役柄がピッタリはまっています。

でもそんなハーヴィーも、マイクと組むうちに次第に人間らしい感情を持ってくるのがより魅力的。

天才的頭脳を持ちながら、不遇ゆえに犯罪に手を染めていたマイクを育てることで、人を愛する心が芽生えて変わっていきます。

同性愛じゃないですよ。

師弟愛かな?

プロフィール
ガブリエル・マクト(中央向かって左)
(ハーヴィー・スペクター役)

1972年1月22日生まれ。アメリカ、ニューヨーク州ニューヨーク出身。8歳で映画デビューを果たし、カーネギー・メロン大学の演劇スクールで学んだ実力派。卒業後は人気TVドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」「スピン・シティ」「セックス・アンド・ザ・シティ」と次々にゲスト出演。『エネミーライン』(’01)『グッド・シェパード』(’06)『恋とスフレと娘とわたし』(’07)など映画出演も多い。プライベートでは2007年に女優のジャシンダ・バレットと結婚し、1人娘がいる。ハーヴィーと同じく、ニューヨーク・ヤンキースの大ファン。

スポンサーリンク

ニセ弁護士から本物の弁護士へ

パトリック・J・アダムス演じるマイク・ロス。

抜群の記憶力と天才的頭脳を持ちながら、祖母の医療費のために犯罪に加担し、大学を中退。

その後、ハーヴィーに認められて、彼の元で働くことになりますが、経歴詐称の偽弁護士になってしまいます。

シーズン6では偽弁護士だったことがばれて服役しますが、司法取引に協力したり、能力を評価されて本物の弁護士に。

でも、マイクはロースクールも出ていないし、司法試験だって受けていないんですよね。

それでも実績や才能で本物の弁護士になれるってどういうこと?

日本とはその辺の基準が根本的に違うみたいです。

日本では司法試験に受かってもアホな弁護士が沢山いることを思えば、アメリカの方が合理的かもしれませんが。

プロフィール
パトリック・J・アダム(中央向かって右)
マイク・ロス役

1981年8月27日生まれ。カナダ、オンタリオ州トロント出身。南カリフォルニア大学で演劇を学び、人気TVドラマ「コールド・ケース」「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」「LOST」などにゲスト出演。最新作はダスティン・ホフマン主演で話題を呼んだTVドラマ「LUCK(原題)」(’12)。「SUITS/スーツ」の好演で一躍脚光を浴び、2012年全米映画俳優組合賞テレビ部門主演男優賞にノミネートを果たした。プライベートではシーズン1にゲスト出演したことのある「プリティ・リトル・ライアーズ」のトローヤン・ベリサリオと交際中で、たびたび芸能誌を賑わせている。

スポンサーリンク

マイクの恋人レイチェルはメーガン妃

マイク・ロスの恋人役、レイチェルを演じるメーガン・マークル。

言わずと知れた、イギリス王室のサセックス公爵ヘンリー王子と結婚し、2019年5月6日に第一子「アーチー・ハリソン・マウントバッテン・ウィンザー(Archie Harrison Mountbatten-Windsor)」君を出産してさらに注目を集めたメーガン妃です。

アメリカの中流家庭出身で離婚歴もありながら、イギリスのプリンセスになったまさにシンデレラ。

出産直後のメーガン妃とヘンリー王子、アーチー君 DOMINIC LIPINSKIGETTY IMAGES

 

プロフィール
メーガン・マークル
レイチェル・ゼイン役(マイクの右)

1981年8月4日生まれ。アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス出身。名門ノースウェスタン大学で演劇専攻。人気ドラマ「新ビバリーヒルズ青春白書」「CSI:マイアミ」「FRINGE/フリンジ」などにゲスト出演。映画のヒット作への出演も多く、代表作は『リメンバー・ミー』(’10)『モンスター上司』(’11)。

メーガン妃は、『SUITS/スーツ』シーズン7の撮影中にヘンリー王子と交際が始まったようです。

そういう噂が流れましたが、最初、関係者は皆信じなかったとか。

それが、本当だと分かったのは、撮影現場にMI5(イギリスの情報機関)が現れるようになったからだそうです。

おそらく、メーガン妃の安全を確保するために、ヘンリー王子が派遣したんでしょうね。

警備もだんだん厳しくなっていったとか。

メーガン妃は、結婚のために『SUITS/スーツ』をシーズン7で降板。

女優も引退しました。

メーガン妃の女優としての最後の姿を、このドラマで楽しみたいです。

3話くらい一気に観ましたが、やっぱり期待を裏切らない面白さですよ!

Amazon Prime ビデオで観る

無料トライアル実施中!<U-NEXT> 【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中