皇室

「皇室」天皇陛下がTwitterで呟くの?  皇室SNS活用を検討/その前に宮内庁HPの小室圭さん紹介なんとかしたら?

 

SNSを検討中という天皇陛下と雅子さま 写真:JMPA

 

てげ子
てげ子
こんにちは😄てげ子です。

 

天皇陛下が、SNSを活用することを検討しているそうです。

たしかに、現代SNSは全盛期。

イギリスやオランダなどの王室もアカウントを持っています。

皇室がSNSを始めたら、もしかして天皇陛下がTwitterで呟いちゃったりするのでしょうか?

天皇陛下が親しい知人にSNSの活用を相談

小さな記事ですけど、『女性セブン』2019年7月11日号によれば、天皇陛下は即位前に、親しい知人に、「ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を有効活用することについてどう思うか」と相談なさったそうです。

雅子さまも、共に真剣に検討されているとか。

現代は企業や芸能人も著名人も、無名の一般人もFacebookやInstagram、Twitterなどのアカウントを持っていて、情報を発信していますものね。

逆にやりすぎて「SNS疲れ」なんて人もいるくらいです。

スポンサーリンク

バカッターやバイトテロもいるSNSの世界

私も一応、全部アカウントは持っていますし、Facebookはかなり早く始めたと思いますが(早すぎて友達申請する相手がいなかった)、最近はほぼ放置。

写真だけでいい、手軽なInstagramだけは時々更新しています。

Twitterは、もっと手軽かもしれませんが、手軽すぎて配慮のないことを呟いたらまずいと思って、ほとんど見るだけ。

よく問題になっているバカッターやバイトテロも、ほぼTwitterでしょ?

早く呟こうとするあまり、迂闊なことをやっちゃいがちな気がします。

イギリスでは王子誕生もTwitterで!

日本の皇室は、現在SNSはやっていないわけですが、もしかしたら、画期的な改革になるかもしれません。

「欧州では、国民との距離を縮めるために、SNSを利用する王室がほとんどです。“開かれた王室”を自認する英王室をはじめ、スペインやオランダ、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー王室などで、さまざまなSNSが活用されています。

英王室ではウイリアム王子が2013年、長男のジョージ王子が誕生した時にツイッターを使ってその誕生を国民に知らせ、若者の好評を得ました。海外の事情に明るい両陛下も、海外の王室の動きは、もちろんご存じでしょう」

(英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さん/『女性セブン』2019年7月11日号)

 

イギリス王室のInstagram

 

ただし、何かとトラブルの元になるのもSNS。

その辺は注意が必要ですね。

スポンサーリンク

宮内庁HPに放置された「小室圭さん誠に立派な方」

それにしても、宮内庁のホームページですが、小室圭さん関連の内容は、いい加減に何とかならないものでしょうか?

いまだに、「宮内庁長官発言要旨」として、

「小室圭氏は,眞子内親王殿下のご結婚の相手にふさわしい誠に立派な方であり」って掲載されたままなんですけど。

宮内庁ホームページ

 

これを見たら、フォーダム大学が小室圭さんを眞子さまの婚約者だと思っても、しょうがないですよね?

婚約が延期になったことも別ページに掲載されてはいますけど、詳細は分からないわけで。

これだと、宮内庁は全力で小室圭さんをお勧めしちゃってる感じですよ。

あと、SNSをやるならスピード感が大事ですよね。

宮内庁の皆さん、お忙しかったと思いますが、5月の7日くらいまで、天皇皇后両陛下の写真が、上皇上皇后さまのままでした。

SNS、大いに結構だと思いますが、そうなると、専門のスタッフも必要かもしれませんね。

イギリスのエリザベス女王も、最近、SNS係を募集していましたよ!

関連記事