シアター

笑いすぎ注意!🤣漫画を実写化した映画『翔んで埼玉』、二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介が好演 高須院長もコラボCMで応援!10倍楽しむ基礎知識付き

『翔んで埼玉』公式サイトより

 

てげ子
てげ子
こんにちは😄てげ子です。

いや〜、笑いました!

動員110万人を突破した話題の映画、『翔んで埼玉』を、浦和で観てきました!

噂に違わぬ下らなさとそれをはるかに上回る面白さ。

特に埼玉県民なら、観なきゃソンです!

イタリアとアメリカでの公開も決まったそうですよ。

映画『翔んで埼玉』興行収入が15億円、動員数が110万人を突破! 

埼玉をディスりまくる映画として話題の映画『翔んで埼玉』。その興行収入がこのたび15億円を突破。さらに動員数は110万人を突破したことが分かった。  

累計興行収入は現在15億3444万4100円、動員数は118万1040人。

今週末の興行収入は前週(3月2日、3日)との比較では96.4パーセントとなったが、公開初週(2月23日、24日)の土日に対しては驚異の104.4パーセントと、2週続けてオープニングの興行成績を上回る快挙を達成した。  

本格的な春休みが間もなく到来し、さらなる動員の獲得も期待できることから、今後も、『翔んで埼玉』旋風はますます大きな広がりを見せそうだ

土日2日間(3月9日~3月10日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、映画『映画ドラえもん のび太の月面探査記』が2週連続1位を獲得した。ーーLivedoorNews 03/11

『翔んで埼玉』はできるだけ埼玉で観るべし!

二階堂ふみとダブル主演のGACKTが、自身で「くだらない」と言い放った『翔んで埼玉』、浦和PARCO6階のユナイテッド・シネマで観てきました!

『翔んで埼玉』は、埼玉で観るのが通? だそうで、わざわざ東京から埼玉の劇場に来る人もたくさんいるみたいですよ!

もしこれから観るなら、浦和のユナイテッド・シネマも良いのですが、さいたま新都心駅にほぼ直結しているショッピングモール「コクーンシティ」内のMOVIXさいたまが、館内入り口の壁面に同作のポスター10枚と2枚の巨大バナーを掲げ、グッズ販売も充実して『翔んで埼玉』の聖地化していると評判なので、そちらも良いかもしれません。

劇場で笑い声が何度も起こるの、珍しいですが、埼玉県人じゃないと分からないかも? というネタもいくつかありましたので、それも後ほど、合わせてご紹介したいと思います。

てげ子の少女時代は『花とゆめ』とともに

さて、『翔んで埼玉』は、『パタリロ』で有名な漫画家の魔夜峰央センセーが、1982年から1983年にかけて、『花とゆめ』(白泉社)の冬の別冊、春の別冊、夏の別冊と3回連載されたそうです。

実は私、『花とゆめ』の創刊号からの愛読者でした。

さすがにだんだん年齢的に合わなくなって、読まなくなりましたが、少女時代は『パタリロ』も楽しみに読んでいました。

『花とゆめ』には、他にも美内すずえセンセーの『ガラスの仮面』とか、好きな作品がたくさんあって、いつも発売日に購入していましたね。

『翔んで埼玉』も、当時読んだはずですが、残念ながらあまり心に残っていません。

当時、私が九州にいたから、埼玉ネタがピンと来なかったのかも。

その後、30年以上もたって、SNSで火がつき、2015年に宝島社から復刻されました。

スポンサーリンク

所沢への転居は編集長の罠だった!

魔夜峰央センセーが『翔んで埼玉』を描いたのは、出身地の新潟県から上京しようと考えていたところ、『花とゆめ』の編集長から、「所沢に来い」と勧められたのがきっかけだそうです。

当時、所沢には漫画家がたくさん住んでいて、編集部へのアクセスも良いからと。

ところが、所沢に引っ越してみると、

「編集長がすぐそばに住んでいる。もっと怖い編集部長も住んでいる。しまった、罠だと気づいた時にはもう逃げられなかった」と。

早く所沢を脱出したいと願うも、なかなか出来ないウップンが、「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ」と埼玉をディスりまくる『翔んで埼玉』を描かせたらしいです。

3話で未完のまま終わったのは、魔夜峰央センセーが神奈川県横浜市に転居しちゃったからだそうです。

埼玉県民が愛するNACK5で流れた都市伝説

映画では、日本一暑い埼玉県熊谷市在住の菅原家が、娘の結納のため、田んぼの中を、一路東京へと向かうところから始まります。

その道中、車内のラジオ、NACK5(ナックファイブ。埼玉県を放送対象地域として超短波放送)で、ある伝説の物語が流れ始めました。

それは、埼玉県から東京に行くには、通行手形が必要だった時代。

東京屈指の名門校・白鵬堂学院3年A組に、アメリカ帰りの美少年、麻実麗(GACKT)が転校してきます。

さっそく麗を呼びつけて品定めする、生徒会長で東京都知事の息子、壇ノ浦百美(二階堂ふみ)でしたが、なぜか次第に麗に惹かれるように。

しかし、港区民のはずの麗は、実は手形制度の撤廃を求める“埼玉解放戦線”のメンバーだったのです。

麗と百美は、次第に東京と埼玉、そして千葉までも巻き込んだ壮絶な抗争に巻き込まれていくのですが…。

スポンサーリンク

挿入歌やエンディングの歌も笑える、埼玉づくし

「北も南も~ここはさいたまぁ~」という挿入歌、『なぜか埼玉』も良いですね。

歌っているのは、さいたまんぞう。

でも出身は岡山県。

東京都在住です。

エンディングのはなわが歌う『埼玉県の歌』も面白いので、最後まで聞き逃さないようにしましょう。

はなわは、生まれが埼玉県春日部市です。

『パタリロ』映画化の加藤諒、埼玉愛を叫ぶ!

超バカバカしいストーリーですが、豪華な俳優陣が、真剣に演技しているので、笑いながらも、その世界に引き込まれてしまいます。

白鵬堂学院で元埼玉県民として虐げられているZ組の下川信男(加藤諒)が熱く叫ぶ、「何もないけど、住みやすくていいところじゃないか〜!」にはちょっとジーンときたりして。

そうそう、魔夜峰央センセーの人気コミックを原作とする『劇場版パタリロ!』が加藤諒主演で、2019年6月28日に公開されることが明らかになりました。

加藤諒は舞台版でもパタリロを演じていて、生きたパタリロ、とも言われているので、楽しみですね。

スポンサーリンク

高須クリニックの高須院長もCMで応援!

さらに、あの高須クリニックが、CMで『翔んで埼玉』とコラボすることが発表されました。

『テルマエ・ロマエ』で知られる武内英樹監督が伝えたかった地元愛と、渾身の茶番劇となる『翔んで埼玉』に高須院長が共鳴したそうです。

CMの冒頭は「平成が終わり新しい時代が幕を開けようとも、高須クリニックは明るい未来のため愛と笑顔をお届けします」とナレーションが流れ、作中の壇ノ浦百美(二階堂ふみ)によるセリフ「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ」のシーンなどが登場。

最後に、「院長、映画『翔んで埼玉』を応援する? しない? 」

「Yes? or NO?」

「Yes!高須クリニック!」

映画館のない秩父では特別上映会!

埼玉県だけでなく、全国で大ヒットしている映画『翔んで埼玉』ですが、実は、埼玉県秩父地方には映画館がない!

そこで、秩父地方の人たちにも『翔んで埼玉』見てもらおうと、東映が3月23日午後2時から、秩父市役所隣の秩父宮記念市民会館で特別上映会を開きます。

前売り1500円、当日券1800円で、市役所観光課や秩父観光情報館、道の駅ちちぶなどで販売するそうなので、秩父地方の方々、急いでください!

『翔んで埼玉』を10倍楽しむための基礎知識

シラコバト

『翔んで埼玉』ではシラコバトが重要なモチーフとして出てきます。

埼玉県民以外はあまり知らないかもしれませんが、1956年に「越ヶ谷のシラコバト」として国の天然記念物に指定されており、昭和40年11月3日に「県民の鳥」に指定されました。

映画では、埼玉県民かどうかを確かめるために、シラコバトの絵が入った草加煎餅を「踏み絵」にしています。

麗は、この踏み絵を踏むことが出来ませんでした。

原作マンガでは、踏み絵は埼玉県知事の写真でした。

コバトン

コバトンは、埼玉の「県民の鳥」であるシラコバトをモチーフにした、埼玉県のマスコットです。

埼玉県立川越工業高等学校に在学していた竹腰博晃さんによってデザインされました。

当初は2004年に埼玉県で開催された彩の国まごころ国体の大会マスコットとして登場したものですが、2005年より県のマスコット、2014年より県の特命宣伝部長となっています。

草加煎餅

有名なので皆さんご存知でしょうが、埼玉県草加市の名産品です。

深谷ねぎ

深谷市はネギの生産量日本一の市であり、深谷ねぎは全国的なネギのブランドとして定着しています。

深谷ねぎは品種名ではなく、深谷地方で栽培されたネギの総称です。

『翔んで埼玉』では、舞台挨拶で壇上に上がった二階堂ふみに、花束ならぬ「ねぎ束」が贈呈されました。

ネギらいの意味もあるそうです。

GACKTも大のネギ好きだそうです。

山田うどん

背景にしばしば映り込む『山田うどん』。

埼玉県民のソウルフードとまで言われています。

郊外の道路を走っていれば、カカシマークの黄色い看板が必ず目に入ります。

「風が語りかけます」のCMで有名な「十万石饅頭」

「風が語りかけます。うまい、うますぎる ! 十万石まんじゅう。埼玉銘菓十万石まんじゅう」は、埼玉を代表する銘菓「十万石饅頭」のキャッチコピー。

「『翔んで埼玉』コラボレーション十万石まんじゅう」発売中です。

▽通常の「十万石まんじゅう」は、

埼玉 行田市 十万石 十万石まんじゅう 10個入

created by Rinker
¥1,344
(2019/03/24 02:24:53時点 楽天市場調べ-詳細)

 

与野市

「SUMO住みたいランキング2019 」の総合ランキングで、大宮4位、浦和8位と埼玉の街は大躍進していますが、浦和市と大宮市に挟まれた小さな小さな市が与野市でした。

2001年に浦和市、大宮市と新設合併して消滅し、共にさいたま市になりました。

映画では、浦和と大宮が争うところへ意見して、「与野はだまってろ!」と双方から軽視されています。

埼玉ポーズ

手をオッケーサインの形にし、胸の前でクロスさせ、左足を少し前に出すポーズのこと。

手は、埼玉県の県民の鳥である「シラコバト」の羽を表しており、人差し指と親指で作る輪っかは埼玉の「玉」をイメージしています。

埼玉県のクリエイティブ・エージェンシー「天下茶夜」の鷺谷政明さんが2014年に制作した、ロック・バンド6才児の動画『そうだ埼玉』の振り付けとして作られたポーズです。

埼玉ポーズの生みの親は振付師のダンサーMaki(マキ)さん 。

埼玉県にゆかりのある著名人や、埼玉県内の市長らも埼玉ポーズを披露しています。

『翔んで埼玉』では、「埼玉解放戦線」の団結を示すポーズとして、多くの人物が使っています。

▽Twitter

 

作品データ

製作年

2019年

配給

東映

上映時間

106分

スタッフ

監督

武内英樹

製作

石原隆村松秀信遠藤圭介

プロデューサー

若松央樹古郡真也

アソシエイトプロデューサー

片山怜子高木由佳

原作

魔夜峰央

脚本

徳永友一

撮影

谷川創平

人物デザイン監修

柘植伊佐夫

衣裳デザイン

柘植伊佐夫

音楽

Face 2 fake

音楽プロデューサー

三竹寛典

主題歌

はなわ

美術

あべ木陽次

編集

河村信二

録音

加藤大和

サウンドエディター

伊藤晃

記録

渡辺美恵

フォーリーアーティスト

伊藤晃

ヘアメイク

塚原ひろのタナベコウタ

助監督

楢木野礼

監督補

森脇智延

照明

李家俊理

装飾

竹原丈二

美術進行

森田誠之

ラインプロデューサー

関口周平

VFXプロデューサー

関口周平

衣裳

田中まゆみ

ミュージックエディター

小西義行

制作担当

碓井祐介

キャスト

壇ノ浦百美

二階堂ふみ

麻実麗

GACKT

阿久津翔

伊勢谷友介

菅原好海

ブラザートム

菅原真紀

麻生久美子

菅原愛海

島崎遥香

五十嵐春翔

成田凌

壇ノ浦建造

中尾彬

埼玉県人の青年

間宮祥太朗

下川信男

加藤諒

おかよ

益若つばさ

壇ノ浦恵子

武田久美子

西園寺宗十郎

麿赤兒

神奈川県知事

竹中直人

埼玉デューク

京本政樹

エンペラー千葉

JAGUAR

データ元:Movie Walker