トピックス

[いい話]鳥取駅「ほっこりホワイトボード」作者は33歳の「みどりの窓口」女性駅員・小畠さん

卒業生のみなさま

大雨、強風、大雪、不発弾、動物との接触… 様々な原因で列車の運行が乱れ、通学でご利用のみなさまには大変ご迷惑お掛けしました。

ICカードも使えず決して便利な駅ではなかったかもしれません。それでも、毎朝元気な表情で登校されるみなさまの姿は私どもの心の糧になっていました。いつもありがとうございました。

学生生活を終えられ、県外へ進学・就職なさる方も多いと思います。みなさまが鳥取を離れても、私たちはいつでもみなさまのお帰りをお待ちしています。みなさまの未来へ出発、進行!!

ご卒業誠におめでとうございます!

鳥取駅一同

「ほっこりする」と評判の「ホワイトボード」

JR西日本の鳥取駅(鳥取市)のこんな内容の「ホワイトボード」が、「ほっこりする」と評判「抗拒不能の状態にまで至っていたと断定するには、なお合理的な疑いが残る」になっています。

大学入試センター試験を控えた1月中旬には、受験生を励ますメッセージが掲示されました。

元プロテニス選手の松岡修造さんの「必ず目標を達成できる!」という言葉を引用し、「必勝」の旗を手に応援する駅員たちのイラストも添えました。

この「ほっこりボード」を書いているのは、「みどりの窓口」の小畠美由紀さん(33)。

小畠さんがメッセージボードを手がけるようになったのは、2017年春から。

その10年ほど前から駅員が代々引き継いで描いてきましたが、前任者が転勤した際に、「子どもの頃から絵を描くのが好きだった」小畠さんが手を挙げたそうです。

鳥取駅は『あたたかみのある駅づくり』を目標に掲げており、小畠さんは、

「駅をご利用いただくお客様や地域の方々に感謝やおもてなしの気持ちや季節感、時にはエールを送りたいと思い描かせていただいています」ーーYahoo! ニュース(BuzzFeed News)

追記0410/2019

スポンサーリンク

Twitterの反応です。

関連記事