植物状態

[奇跡の回復]32歳で事故に遭って27年間も植物状態だった女性が息子を守るために目覚めた!~アラブ首長国連邦 

イラスト:PhotoAC

27年間にわたる植物状態から奇跡的な回復

1991年に交通事故で重傷を負ったアラブ首長国連邦(UAE)の女性が、27年間にわたる植物状態(vegetative state)から覚醒後、奇跡的な回復を見せています。

事故当時32歳のムニラ・アブドゥラ(Munira Abdulla)さんは、4歳の息子オマル・ウェバール(Omar Weber)さんと一緒に乗っていた車がスクールバスに衝突、深刻な脳損傷を受けました。

オマルさんは、彼女と一緒に車の後部に座っていましたが、事故の直前に母親が彼を腕で抱きしめたので無傷でした。

義理の兄弟によって転院したアブドゥラさんは、重傷を負ったままでしが、昨年はドイツの病院で意識を取り戻しました。

車が衝突する寸前、母は息子を守るために抱きしめた

オマルさんは、アラブ首長国連邦に本拠を置く新聞「The National」とのインタビューの中で、事故について、そして何年もの治療を受けた後の母親の回復について語りました。

「彼女は私を守るために私を抱きしめてくれました」

と、オマルさんは新聞で語りました。

「私が彼女の話を広めた理由は、人々が彼らの愛する人への希望を失うことのないようにと伝えるためです。彼らがそのような状態にあるとき、決して死んだと考えないでください」

「母は私と一緒に車の後部座席に座っていました。車が衝突する寸前、彼女は衝撃から守るために私を抱きしめてくれした」

スポンサーリンク

イギリスの病院で「植物状態」を宣言される

オマルさんは軽傷で済んだが、母親は脳損傷を受けていたにもかかわらず、何時間も手当てされませんでした。

アブドゥラさんは最終的に病院に運ばれ、その後ロンドンの病院に移送されました。

そこでは、彼女は植物状態にあると宣言されました 。

彼女はその後、彼女が住んでいたオマーンとの国境にあるアラブ首長国連邦の都市であるアルアインに戻り、保険の要件に従って、さまざまな医療施設に移動しました。

彼女は数年間そこに留まり、チューブを通して栄養を与えられ、生き続けました。

彼女は運動不足で筋肉が衰えないようにするために理学療法を受けました。

クラウンプリンスコートが家族にドイツで治療のための助成金を与えた2017年4月までEmirati病院で過ごしました。

そこで、彼女は腕や脚の筋肉を縮めるためにいくつかの手術を受けました。

そして、病状を改善するための薬を与えられました。

「Deutsche Welle」によると、ドイツのSchönClinicの医師は、「理学療法、医学、手術および感覚刺激の組み合わせ」を採用して、アブドゥラさんの治療に対して総合的なアプローチをとりました。

アブドゥラさんを治療した神経学専門医のフリードマン・ミューラー(FriedemannMüller)医師は、「Deutsche Welle」に、数週間かけてゆっくりと状態が改善したと述べ、「最低意識」という植物状態は昏睡と同じではないことを指摘しました。

スポンサーリンク

息子の危険を感じて母は覚醒した

1年後、彼女の息子は病室で口論に巻き込まれました。

「病室で誤解があり、彼女は私が危険にさらされていると感じ、それが彼女にショックを引き起こしました」

とオマルさんは言っています。

「彼女は奇妙な声を発していました。そして私は彼女を診察するよう医者を呼びました。彼らはすべてが正常であると言いました」

「3日後、私は誰かが私の名前を呼んでいる声に目が覚めました。それは母でした!彼女は私の名前を呼んでいました。私は喜んで飛んで行きました。何年もの間私はこの瞬間を夢見ていました。そして彼女が発した最初の言葉は、私の名前でした」

彼女は今、センシティブで、痛みを感じることができ、そして会話をすることができます。

彼女はアブダビに戻り、そこで主に座っているときの姿勢を改善し、筋肉が収縮するのを防ぐために理学療法とさらなるリハビリを受けています。

スポンサーリンク

数年後数十年後に意識を回復する例は稀だがある

アブドゥラさんのようなケースは極めて稀です。

数年後に意識を回復した人の例は数例しかありません。

意識障害の状態にある誰かが改善する可能性を予測することは不可能です。

意識を取り戻す人々はしばしば、脳の損傷によって引き起こされる重度の障害を持っています。

注目に値する回復ケースの1つは、19歳の時に自動車事故に巻き込まれ、19年間を植物に近い状態で過ごした後に劇的に回復したアメリカ人男性のテリー・ウォリス(Terry Wallis)さんのケースです。

彼は脳組織を再生させることができたと考えられています。

参考記事:BBC, USA Today

 

スポンサーリンク

Twitter