各社比較

動画見放題サービス(VOD)はどこがお得? Amazon Hulu Netflix U-NEXT dTV

VODってたくさんあって迷ってしまう

動画見放題サービス(VOD)を契約したいと思っても、いろいろありすぎて、迷ってしまいます。

それぞれに特徴が異なりますので、何を重視するかによって、どこに加入するかが自ずと決まるのではないでしょうか。

いくつか入会して比べてみるのも面白いでしょう。

もったいないとも思いますが、映画やドラマなどが大好きならば、安いとも言えますし、生活において何に重きをおくかという価値観の問題でもあります。

現在、私が契約しているのは、Amazonプライム・ビデオhuluです。

huluは2011年日本上陸とともに入会しました。amzonプライム・ビデオは2015年の日本上陸とともに入会。

もともとamazonのプライム会員だったので、Fire TV Stickを購入するだけでした。

 

huluは一通り観てしまって、めぼしいものがなくなると解約、でもまた復活を繰り返し、今は契約中です。

U-NEXTとNetflixは試しをしたことはありますが、契約には至りませんでした。

それぞれの違いを比較してみると

hulu

料金プランは
月額933円(税抜)のみ。
これで動画が見放題です。
支払い方法に「ドコモケータイ払い」「auかんたん決済」の携帯払いもあり、携帯電話の料金とまとめて支払うことが出来るので非常に便利です。
無料視聴期間が2週間しかない点が残念です。
オフライン再生可能(作品が限られる)。
再生中に画質の調整が可能。
オリジナルドラマもリリース。
日本のhuluは日本テレビ系列のため、日テレのドラマ、アニメ(アンパンマンとか)、バラエティも観られます。


Amazonプライム・ビデオ

「料金」のお得感で選ぶなら、Amazonプライムビデオがおすすめ。
月間プラン=400円(税込)
年間プラン=3,900円(税込)。月単位換算:325円。
動画の他にも音楽聴き放題サービスや、Amazonプライムの特典(下記)が得られます。対象作品は当初は少なかったものの急速に増えています。4Kの超高画質にも対応。
プライム会員を初めて登録する方は、月額プランでも30日間の無料体験があります。途中から年会費コースに変更することも可能です。
オフライン再生可能。
パソコンで「10秒の巻き戻しと早送り」が可能。この機能はプライムビデオのみ。
再生中に画質の調整が可能。
オリジナルドラマもリリース。
★プライム会員特典とは
・通常配送料が無料
・当日お急ぎ便・お急ぎ便・マケプレお急ぎ便が追加料金なしで何度でも利用可能 ※プライムマークが表示される商品が対象
・Prime Video:話題の映画やドラマ、アニメが見放題。Prime Videoの取り扱いタイトルはこちらからチェック
・Prime Music:100万曲以上が聴き放題。
・Prime Reading:対象の雑誌などが無料で読める。
・Twitch Prime:Twitch Primeと連携可能。毎月の無料ゲーム、広告なしのTwitchの表示、Twitch Channelの購読などの特典あり。
・プライム・フォト:プライム会員向けの無制限のフォトストレージ。

なお、ネットとつなぐアダプターが必要です。PS4などでも可能ですが、amazon Fire TV Stickがおすすめ。amazonプライム・ビデオだけでなく、Netflix・Hulu・dTV・U-NEXTがきれいに観られます。無料の動画配信サービスyoutube・ニコニコ動画なども視聴できます。


Netflix

世界でもっとも会員数が多く、全世界で1億2500万人(2018年5月現在)。料金システムが「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」の3つから選択することが出来ますので、「視聴デバイス数」や「4K対応」など、ユーザーのニーズに合わせた選択が可能です。「SD、HD、4K」の3つの画質でそれぞれ料金が違います。
それぞれが800円、1200円、1800円(すべて税抜)になります。正直4K画質の動画も限られますし、スマホでの視聴がメインならベーシックで十分だと思います。
ただし、同時に2つのデバイスで見る場合は、スタンダード以上のプランにしましょう。
プレミアム・プランでは、4つの機種で視聴が可能です。
放送中の字幕切替が可能なのは便利。いちいち動画を閉じて切替する必要がありませんし、英語の勉強をする人にはとても役立ちます。
オフライン再生可能。
日本版のオリジナルドラマもリリース。
日本のNetflixはフジテレビ系なので、フジや関テレのコンテンツが観られます。

スポンサーリンク

U-NEXT

「U-NEXT」の料金プランは月額1990円(税抜)の一つのみ。
他と比べると高く感じますが、サービスの充実度が高いようです。
U-NEXTだけの特徴ですが、「雑誌読み放題(コミックも読めます)」「動画見放題」「PPV(個別課金コンテンツ)」と3つの、コンテンツサービスがあります。
PPVや電子書籍購入ができるポイントが、毎月1200円分ついてきます。
31日間の無料視聴期間中600ポイントがもらえ、課金コンテンツや漫画などを楽しむことができます。
見放題動画の種類は、「アニメ」「ドラマ」「映画」「バラエティ」など。他のVODには無い「アダルトジャンル」の動画も配信。子どもが視聴できないような制限もかけれるので安心です。
また、PPVで個別課金のコンテンツも充実して映画館上映作品が同時に配信されるものもあり、映画館に行かずとも家で最新公開映画が視聴できます。
USEN系列。

スポンサーリンク

hulu amazon Netflix 3社の比較表

上記3社以外では、dTVが圧倒的なコスパで人気

dTV

dTVも一つの料金プランは一つ。
月額500円(税抜)で、種類が豊富。
コストパフォーマンスが高いと思います。
31日間無料お試し。

価格は安いのに作品数は多く圧倒的なコストパフォーマンス

エイベックス通信放送が運営し、NTTドコモが提供する動画配信サービスです。

dアカウント(無料)を持っていればすぐ、持っていなければ発行すれば誰でもdTVを利用できます。

月額500円(税抜)という誰でも手が出しやすい低価格で約120,000作品もの動画を視聴可能です。

国内、海外映画やドラマはもちろん、アニメやバラエティ番組、dTVオリジナル番組などジャンルも多彩です。

他社のサービスと比較しても価格は安いのに作品数は多く、圧倒的なコストパフォーマンスの良さで、非常に人気が高い動画配信サービスです。

さらに、ドラマのオンデマンドを行っているため、見逃してしまったドラマもいち早く、そして好きな時に見られます。

加入期間に応じてランクが決定し、特典がもらえる会員ランク制度

初回入会から31日間はブロンズ会員、初回入会から31日間後シルバー会員、入会翌々月の1日からゴールド会員、ゴールド会員になった3ヶ月後の1日からプラチナ会員とランクアップします。

特典として、毎月10人にドコモポイントがプレゼントされます。

ランクによってプレゼントされるポイントが異なります。ブロンズ会員500ドコモポイント、シルバー会員1000ポイント、ゴールド会員5000ポイント、プラチナ会員5000ポイントとなっています。

新作も追加料金を払えば視聴可能!

過去の作品はもちろん、話題の新作ドラマや映画なども多数配信されていますが 、月額料金のみで楽しめる見放題の作品は過去の作品がほとんどです。

しかし、最新作はレンタル料金を支払わないと視聴できません。

放送中のドラマの最新話であれば、1話300円程度、映画の場合1作品500円程度の追加料金となっています。

支払い方法

dTVの支払い方法は2通りで、「クレジットカード」による支払いか「携帯キャリア」での決済となります。

携帯キャリアでの決済に関してはドコモユーザーのみのため、ドコモ以外のユーザーの方はクレジットカードの支払いのみとなります。

他の動画配信サービスのようなさまざまな支払い方法には対応していません。

映画やドラマ、アニメだけではなく音楽も楽しめます

音楽のジャンルにはミュージックビデオやライブ映像、ライブでの楽曲、さらにはカラオケまで配信されており、非常にコンテンツが充実しています。

カラオケの動画まで配信されており、カラオケに行かなくとも家でカラオケが楽しめます。

月額料金だけで映画やドラマ、アニメだけではなく、音楽も楽しめます。

長所

・ 外出先でも通信料を気にせず再生できる!「オフライン再生機能」
・dTVなら自分の用途にあった形で楽しめる!様々なデバイスに対応
・マンガ お楽しめる!ムービーコミック
・最新の技術で迫力の動画が楽しめる!VR機能
・年齢制限がある動画の視聴を制限する機能
・見たい動画をクリップしていつでもすぐ視聴可能「クリップ機能」
・見たい作品がリクエスト出来る!「リクエスト機能」
・短い待ち時間に適したショート・ショートというコンテンツが配信
・好きな音楽を集めてまとめて再生!「音楽プレイリスト機能」

短所

・ 画質は4Kまで対応!
・同時視聴は出来ないので注意
・再生中の字幕切替が出来ない
・英語の字幕が出せない

入会方法

dTVを利用するにはdアカウントを所持している必要があります。

1,まずはdアカウントを作成しましょう。

2,ドコモのケータイを持っている方でdアカウントを持っていない方はSMSで、それ以外のキャリアを利用している方はメールアドレス、またはYahoo!JAPAN、Google+、Twitter、Facebookを使用してdアカウントを発行します。

3,dアカウントを作成したら、dTVのトップページから作成したdアカウントを使用してログインをします。

4,その後、dTVへの登録/入会を画面の通りに進めていけばdTVへ登録/入会が可能です。

※いかなる配信サービスのいても、ネットとディスプレーをつなぐアダプターが必要です。PS4などでも可能ですが、Amazon Fire TV Stickがおすすめです。Amazonプライム・ビデオだけでなく、Netflix・Hulu・dTV・U-NEXTがきれいに観られます。無料の動画配信サービスyoutube・ニコニコ動画なども視聴できます。

FODプレミアムでは15 万冊以上のコミックも楽しめます

海外ドラマ(アメリカ)のおすすめベスト10はこちら