難聴

[健康被害]WHO(世界保健機関)世界の若者の半数近くが難聴になると警告

世界の若者の半数近くが難聴になるおそれがあると、世界保健機関が警告しました。

WHO(世界保健機関)によると、スマホなどで大音量で音楽を聴くことで難聴になる人が増えていて、2050年までに、世界の12歳から35歳までのほぼ半数にあたる11億人が、難聴になる可能性があるとしています。

大人では、80dB(デシベル)の音量で、1週間に40時間までを利用限度にすべきだとしています。WHOのテドロス・アダノム事務局長は、「一度失った聴力は、元に戻らないということを理解してほしい」としています。