芸人

ゆりやんレトリィバァがアメリカのオーディション番組で本領発揮 ツイッターでバズる

ゆりやん

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

#RespectYou#ユリアンレトリバー 🙌🙌👏👏💘#Respect#JapaneaseGirl#JapaneaseComedian#AmericasGodTalent

トータルビューティーB.momさん(@bmompilatesstudio)がシェアした投稿 –

ゆりやんレトリィバァがアメリカの「America’s got Talent」(NBC)で1次審査通過

ゆりやんレトリィバァ(28)がアメリカの有名なオーディション番組「America’s got Talent」(NBC)に出演。

その様子が番組のTwitterアカウントを通じて日本時間の6月12日に公開された。

番組は現在シーズン14を数える人気番組で、ネットで大きな反響を呼んでいる。

優勝者には賞金100万ドルが与えられる。

ゆりやんは今年3月にインスタグラムで、同番組の出演オーディションに参加したことを報告していたが、審査を通過して舞台上での2次審査に挑んだ映像が11日に番組公式サイトや公式ツイッターなどで公開された。

英語が堪能なゆりやんはパフォーマンス前から通訳なしで審査員たちと絶妙な掛け合いを披露。

スポンサーリンク

名前の由来を聞かれたゆりやんは…

審査員から芸名の由来を聞かれると、

「ペットを飼っていまして。ゴールデン・レトリバーってご存知ですか? あ、私が飼っているのは猫です。彼の名前がレトリィバァ」

その後、星条旗をあしらったきわどい衣装に身を包んだゆりやんは曲に合わせて泳ぐようなダンスを披露。

パフォーマンス後は観客から大きな歓声を浴びるだけでなく、審査員の1人は立ち上がって拍手した。

審査が終わった後もゆりやんは審査員と和やかにコミュニケーション。

さらに審査員席に降りる一幕もあった。

惜しくも2次審査は通過しなかったが、その奮闘ぶりは大きな話題となり、

Twitterでは公開して8時間ほどで1万2,000件以上のリツイートや3万5,000回の“いいね!”を記録。

またその挑戦を讃える声が上がっている。

その後、ゆりあんの芸に対するネット上の評価は分かれた。

「あんな露出度の高い水着を着て、ネタをやることが本当に面白いのかわからない。正直言えば日本人として恥ずかしくもなる」

「見た目で笑いをとる低レベルの笑い。笑わせてるではなく、笑われてる印象」

と辛辣なコメントもあれば、

「今まで彼女で一度も笑ったことがないけど、あれだけ海外の人を沸かせられたのはほんとにすごいと思う」

「賛否両論あるようだが、個人的には芸人魂を称賛したい」

と評価する書き込みも。

 

関連記事