フィギュアスケート

アイスショーに出演するため再来日しているザギトワさん、カッチャンと再会し、マサル用マットと肉球まんじゅう贈られる

 

アイスショー出演のため再び来日しているフィギュアスケートのザギトワさん(17)=ロシア=の、日本のマスコミでの露出が増えている。

マサルの妹「カッチャン」と再会したザギちゃん

ザギトワザギトワさん 写真:Instagram

 

まず、アイスショー「THE ICE」会場の丸善インテックアリーナ大阪で、愛犬「マサル」の妹「カッチャン」と再会した話。

「友達のカッチャンと再会できてうれしい。相変わらずかわいい」と笑顔が弾けた。

大勢の報道陣に囲まれ、ソワソワしていたカッチャンだったが、ザギトワが胸元をなでると突如落ち着き、恍惚(こうこつ)の表情。

「犬によって好きな所は違うけど、カッチャンはここをなでると喜ぶの」とザギちゃん。

最近、モスクワ市内で行われた秋田犬コンペでザギちゃんの愛犬マサルが優勝したが、そのことについては、

「せっかくだから、準備をして臨んだ。1番を取れてうれしい。私の誇り」。

ザギちゃんがCM契約を結んだ寝具メーカーのエアウィーヴから、

マサル用マットがカッチャンにも贈呈された。

マサルの肉球をかたどった「肉球まんじゅう」も同社から贈られた。

エアウィーヴが昨年、ザギトワの愛犬「マサル」とCM出演の契約を締結し、マサルの肉球でサインを、

同社の高本本州・代表取締役会長兼社長が京都の老舗和菓子店「鶴屋吉信」に持ち込み、

オーダーし、特別に作ってもらったまんじゅうだという。

スポンサーリンク

美空ひばりの「川の流れのように」の演奏に合わせてスケーティング

同日放送のTBS系「炎の体育会TV」(土曜・後6時55分)にザギちゃんは出演し、美空ひばりさんが晩年に歌った名曲「川の流れのように」の演奏に合わせたスケーティングを披露した。

「日本食のレストランを開きたい」

今回の来日前、ロシアメディア「sports.ru」のインタビューを受けたザギちゃんは、将来の夢を語った。

「日本食のレストランです。しかも、まだモスクワにないような全く新しいものを」と告白。しかも「この計画は時が経てば実現するかもしれません」と話した。

昨年、雑誌「AERA」のインタビューに対し、

「オーナーになれば日本食をただで食べられるから」

と答えている。

「私はとても日本を愛しています。日本の食べ物、文化、建築が好きです。私の新しいマンションには日本スタイル(和風)に仕上げられた部屋ができるくらいです」

と日本文化への愛を示した。